現在の場所

高齢者インフルエンザの予防接種について(定期予防接種)

令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種の接種費用を全額公費負担します。(自己負担なし)

インフルエンザの発病及び重症化並びに感染の拡大を防止し、健康の保持増進を図ることを目的として高齢者インフルエンザ予防接種を実施していますが、令和2年度は、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行の抑制をめざし、予防接種を推進するため、予防接種費用を全額公費負担(自己負担なし)します

※個人のインフルエンザの発病または重症化の防止を目的として、医師から予防接種の効果や重篤な副反応の可能性および予防接種健康被害救済制度について説明を受け、自らの意思と責任において接種を希望する人に行う予防接種です。説明書をよく読んでから接種を受けましょう。

※説明書や予診票は指定医療機関窓口に設置しています。

対象者

泉佐野市に住民登録があり、下記1、2のいずれかに該当し、自らの意思と責任において接種を希望する人

  1. 接種当日、65歳以上の人
  2. 接種当日、60~64歳の人で、心臓・腎臓・呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人(該当の機能障害で身体障害者手帳1級所持または相当程度の人)

※本人の意思確認ができない場合は受けることができません。

※対象年齢は、接種当日の満年齢です。年齢の数え方は、誕生日の前日をもって年齢が加算されます。

(例)65歳以上65歳の誕生日の前日から該当します。

令和2年度は、上記対象者2の年齢要件を撤廃して対象者等を拡充しています。ただし、任意予防接種となりますので、実施期間、接種回数など詳細については、必ず、次の内部リンク内の「3 令和2年度かぎりとして、さらに拡充した助成対象のインフルエンザ(任意予防接種)」をご確認ください。

公費の実施期間

令和2年10月1日~令和3年1月31日(もしくは各指定医療機関の令和3年1月の最終診療日まで)

※実施期間を過ぎると、費用は全額自己負担となります。

※インフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかるとされていますので、ご自身の体調をふまえて接種してください。

公費での接種回数

実施期間中 1回

接種方法

  • 泉佐野市、熊取町、田尻町、泉南市、阪南市、岬町の指定医療機関へ直接予約して接種してください。
  • 市内の指定医療機関は下段の「令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種指定医療機関」を参照してください。
  • 熊取町、田尻町、泉南市、阪南市、岬町の指定医療機関は、健康推進課へお問い合わせください。

持ち物

  • 健康保険証・医療証など本人確認ができるもの

  • 身体障害者手帳など(上記の対象者2の人のみ)

自己負担額

全額公費負担(自己負担なし)

注意

※指定医療機関以外で接種を希望される場合は、接種前に健康推進課へ接種依頼書が必要なときや償還払いになるときがあります。下段の『高齢者予防接種の「接種依頼」及び「償還払い」制度』をお読みいただき、必ず、接種前に健康推進課までお問い合わせください。事前の申請手続きのない接種は定期予防接種と認められず、全額自己負担となりますのでご注意ください。

高齢者の定期予防接種の「接種依頼」及び「償還払い」制度について

接種依頼

入所・入院や、やむを得ない理由により、泉佐野市が指定した医療機関以外での接種を希望される場合は、本市から事前に接種する市町村等に依頼することが必要です。

償還払い

「接種依頼」により接種し費用を自己負担した場合は、規定の範囲内で接種費用を支払う制度です。(一旦、自己負担後、後日振込みになります)

詳しくは、下段の各予防接種の『接種依頼及び償還払い制度(案内チラシ)』をお読みください。また、下段より接種申請書等をダウンロードできます。ご不明な点は、健康推進課までお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップへ