現在の場所

平成30年度食育イベント

泉佐野市では平成26年3月に「泉佐野市食育推進計画」を策定し、

おいしく たのしく 「食」でつながる いずみさの

を基本理念に様々な取組をしています。

定例の食育イベント事業

市報にて 毎月「食育」のコメントを掲載しています。
毎月19日

毎月19日の食育の日には、市役所入口及び3階健康推進課にてのぼりを掲示しています。

のぼりの写真

スマホアプリ さのっ子ナビにて毎月19日に食に関する情報をニュース配信しています。

さのっ子ナビの画面の様子

乳幼児健診にて

4か月健診では「離乳食」についての話をしています。

離乳食講習会では「スタートの頃」と「3回食の頃」にわけて簡単に離乳食を作るポイントやメニューの紹介をしています。次世代育成子育て支援センターにて実施しています。

スマホアプリ さのっ子ナビでは離乳食の動画配信をしています。

さのっ子ナビの画面の様子

 

乳幼児健診では食生活に関する個別相談を実施しています。

2歳児歯科健診では、食生活改善推進協議会の方々が野菜の編みぐるみを使って「食育」を実施しています。

0歳~1歳半の乳幼児対象に、偶数月には「お食事会」を、奇数月には個別栄養相談を実施しています。

予防接種にて

BCG集団予防接種会場にて

「いずみさのみんなの健康づくり応援団」の方々が大人の食事について、食事バランスガイドを説明し配布しています。

また、飲み物の砂糖や食べ物の油・塩の展示をしています。

BCGでの食育の様子

母子健康手帳交付時にて

妊娠前期の食生活のフードモデルの展示をし、妊産婦の食事バランスガイドを配布しています。

妊娠前期の食事のフードモデルの展示

「食育」イベントの取り組みの紹介

平成30年7月

7月20日(金)

22日(日)

23日(月)

特定保健指導:市役所健診センターにて

特定健康診査集団健診の会場にて、メタボリックシンドロームまたはメタボリックシンドローム予備軍になる可能性の高い方たちに、生活習慣改善方法のアドバイスを実施しました。

7月12日(木)

ボランティア養成講座・佐野公民館にて

ボランティアとして活動に生かすために「健康づくりのための食生活」を学び、実際にバランスの良い食事を作り、薄味を体感し、しっかり噛んで食べました。

7月5日(木)

ボランティア養成講座:健診センターにて

ボランティア養成講座にて、食品衛生監視員の講義を受け、手洗いの大切さや食中毒について学びました。

手洗いのチェックの様子

 

平成30年6月

6月7日(木)

ここが知りたい!歯とお口「歯周病、虫歯、口臭など悩み別、お口のトラブル解決策!」 於:エブノ泉の森ホール2階大会議室

歯科医師 西田 栄昭氏 歯科衛生士 松野 貴子氏の講義を聞いて 口の健康を保つ大切さや 口の健康を保つ方法を学びました。会場では 食事やおやつについての展示をしました。

食事バランスについての展示

おやつの展示

 

 

平成30年5月

5月24日(木)

ボランティアスキルアップ研修:市役所健診センター

泉佐野市食生活改善推進協議会・いずみさのみんなの健康づくり応援団においてボランティアとして活動されている方々を対象に、スキルアップのための研修会を開催しました。そこで、食事の大切さ 噛むことの大切さ 減塩の大切さを再度学習しました。

5月22日(火)

ヘルシーランチ会:市役所健診センター

食生活の見直し、メタボリックシンドローム脱却・体重減に活かしてもらうため、1食あたり600kcal未満 塩分2g未満 のヘルシー・バランスのとれたお弁当の試食で、バランスの良い減塩の食事を体感してもらいました。

 

ページトップへ