現在の場所

老人医療費助成制度

 

対象者は、65歳以上で健康保険に加入しており、次のいずれかに該当する人です。 

  1. 身体障害者手帳(1~2級)、療育手帳(A)、または療育手帳(B1)と身体障害者手帳を持っている人で、本人所得が462万1千円(扶養親族なしの場合)以下
  2. ひとり親家庭の医療費助成の規定にあてはまり、本人所得が児童扶養手当の所得制限額以下
  3. 平成26年4月1日現在の特定疾患治療研究事業実施要綱に規定する疾患のうち、国の難病としての公費負担医療の対象となる疾患を有する人で、本人所得が224万円(扶養親族なしの場合)以下
  4. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に規定する結核に係る医療を受けている人で、本人所得が224万円(扶養親族なしの場合)以下
  5. 自立支援医療(精神通院)を受けている人で、本人所得が224万円(扶養親族なしの場合)以下

自己負担額

1つの医療機関(薬局を除く)あたり入院・通院ともにそれぞれ1日最大500円(月2回限度)

負担限度額

 1ヶ月あたり2,500円 

2,500円を超えて支払った分については、払い戻しを受けることができますので、領収書等を添えて申請してください。

 

※詳しくは、お問い合わせください。

 

お問い合わせ
国保年金課 <e-mail:kokuho@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2121~2129・2197~2199)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ