現在の場所

通所介護・通所リハビリテーション事業所の算定区分の確認について

通所介護事業者及び通所リハビリテーション事業者は、毎年3月に事業所規模の算定区分の確認を行う必要があります。

なお、平成28年4月1日より、定員18人以下の小規模な通所介護事業所が地域密着型通所介護に移行していることから、通所介護費については小規模型が廃止され、算定区分が通常規模型・大規模型(1)・大規模型(2)の3区分となっています。

また、平均利用延人員数の計算にあたっては、同一の事業所で一体的に実施している指定介護予防通所介護及び第1号通所事業(現行相当サービスに限る)の利用者についても含みます。

【対象となる事業所】

平成30年4月1日以降も引き続き事業を実施する事業所

※ただし、地域密着型通所介護の事業所については、地域密着型通所介護費を算定する取扱いとなりましたので、事業所規模変更の届出は不要です。

【確認方法及び提出期限】

下記の様式等により再計算した結果、事業所規模の区分が変わる場合は、平成30年3月15日(消印有効)までに変更届を郵送により提出してください。

なお、規模に変更がない場合は届出不要です。

 

【注意】

1.この取り扱いは「確認表に基づく事業所の算定区分(規模)の変更届」のみに適用する特例措置です。他の変更は受付できません。他の変更がある場合は、別途、予約の上、届け出てください。

2.介護老人保健施設の許可によるみなし通所リハビリテーション事業者については、手続き方法等が異なります。詳しくは大阪府健康福祉部高齢介護室介護事業者課施設指導グループ(電話06-6944-7106)へお問い合わせください。

ページトップへ