現在の場所

サービス管理責任者の研修受講に係る経過措置について

サービス管理責任者の研修受講に係る経過措置について

 

障害福祉サービス事業における「サービス管理責任者」は、実務経験の要件を満たし、「サービス管理責任者研修」と「相談支援従事者初任者研修」を修了している必要があります。

 ただし、次の場合は上記研修を修了したものとみなす「経過措置」があります。

 

◎新規に事業を開始する場合

 新規に事業を開始する場合は、上記研修を修了したものとみなす「経過措置」の適用を受けることができますが、平成30年3月31日にこの「経過措置」が終了します。

 新規の事業所開設を検討している場合は、平成30年4月1日以降、研修修了者が配置できるようご準備ください。

 

平成30年1月1日、2月1日、3月1日指定の取り扱いについて

大阪府での研修の受講申し込みは既に終了しています。そのため、平成30年3月31日までに他府県での受講が可能な場合に限り、受講誓約書を提出し、指定を受けることが可能です。受講を修了した後は、早急に受講修了報告書を提出してください。

 

◎既存事業所の場合

 既存の事業所で、新規に事業を開始する場合の「経過措置」の適用を受けている事業所については、平成30年3月31日までに受講を修了する必要があります。

 既存の事業所で、やむを得ない事由により「経過措置」の適用を受けている事業所については、やむを得ない事由が発生した日から1年間は「経過措置」が適用されます。

 

◎多機能型事業所において複数の事業をサービス管理責任者が兼務する場合

 事業開始後3年間は、「サービス管理責任者研修」のうち少なくとも一つの事業に係る分野の研修を、事業開始後1年以内に修了している場合、当該事業所における全ての分野の研修を修了しているものとみなします。

ただし、事業開始後1年間の猶予については、平成30年3月31日をもって終了します。

 

※万が一、「経過措置」期間内に各研修を受講できなかった場合は、翌月から「サービス管理責任者欠如減算の対象となり、不在となった翌々月から報酬の減額(基本単位の70%を算定)になりますので、ご注意ください。

 ※指定申請時またはサービス管理責任者の変更届出時に『(参考様式4)相談支援従事者研修等受講誓約書』を提出した場合は、研修受講修了後、速やかに下記報告書及び修了証明書の写しを提出してください。

お問い合わせ
広域福祉課 <e-mail:koufuku@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:
(直通)072-493-2023
(代表)072-463-1212(内線2472~2475)
FAX番号:072-462-7780

ページトップへ