現在の場所

サービス管理責任者の研修受講に係る経過措置について

サービス管理責任者の研修受講に係る経過措置について

 

障害福祉サービス事業における「サービス管理責任者」は、実務経験の要件を満たし、「サービス管理責任者研修」と「相談支援従事者初任者研修」を修了している必要があります。

 ただし、次の場合は上記研修を修了したものとみなす「経過措置」があります。

 

◎新規に事業を開始する場合

 新規に事業を開始する場合は、上記研修を修了したものとみなす「経過措置」の適用を受けることができますが、平成31年3月31日にこの「経過措置」が終了します。

 新規の事業所開設を検討している場合は、平成31年4月1日以降、研修修了者が配置できるようご準備ください。

 

 

※万が一、「経過措置」期間内に各研修を受講できなかった場合は、翌月から「サービス管理責任者欠如減算の対象となり、不在となった翌々月から報酬の減額(基本単位の70%を算定)になりますので、ご注意ください。

 ※指定申請時またはサービス管理責任者の変更届出時に『(参考様式4)相談支援従事者研修等受講誓約書』を提出した場合は、研修受講修了後、速やかに下記報告書及び修了証明書の写しを提出してください。

お問い合わせ
広域福祉課 <e-mail:koufuku@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:
(直通)072-493-2023
(代表)072-463-1212(内線2472~2475)
FAX番号:072-462-7780

ページトップへ