現在の場所

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金について

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金は、先の大戦で公務などのため国に殉じた、もとの軍人、軍属および準軍属の方々に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、一定の日(基準日)において、恩給法による公務扶助料、戦傷病者戦没者遺族援護法による遺族年金、遺族給与金などの受給権がある遺族がいない場合に、残された遺族に対して、戦没者の遺族に対する特別弔慰金支給法に基づき、記名国債として支給されるものです。

第十回特別弔慰金

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法(昭和40年法律第100号)が平成27年に改正され、現在、第十回特別弔慰金(額面25万円、5年償還の記名国債)の請求を受け付けています。

請求期限は平成30年4月2日までとなり、期限を過ぎると、第十回特別弔慰金を受ける権利がなくなります。

請求がまだの方は、お早めにご請求ください。

支給対象者

平成27年4月1日(基準日)に資格要件(生存されていること・日本国籍を有していること)がある戦没者等の死亡当時のご遺族で,基準日において,「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族援護法による遺族年金」等を受給される方(戦没者等の妻,祖父母,父母等)がいない場合,法律で定められた支給順位の先順位者1名に支給されます。

支給順位

1順位 … 弔慰金受給権者(第八回・第九回から継続の方)

2順位 … 戦没者の子

3順位 … 戦没者の1,父母 2.孫 3.祖父母 4,兄弟姉妹 

(戦没者の死亡当時、戦没者等と生計関係を有し、平成27年4月1日において遺族以外の方と氏を改める婚姻または養子縁組をしていない方に限ります)

4順位 … 上記3順位に必要な要件を満たしていない方

5順位 … 上記1から4順位以外の戦没者等の3親等内の親族

(戦没者等の死亡まで引き続く1年以上戦没者等と生計関係を有していた方に限ります)

※戦没者等の子や兄弟姉妹など、同順位の方が複数おられる場合は、そのうちの代表者お一人が請求することになります。その際は、請求者以外の同順位の方については、所定の用紙で特別弔慰金請求同意書の提出が必要です。

 

支給内容

額面25万円、5年償還(無利子)の記名国債で交付されます

申請期限

平成30年4月2日
注意:申請期限を過ぎますと、時効により弔慰金を受け取れなくなりますので、くれぐれもご留意ください

問合せ・請求受付窓口

、市役所1階 障害福祉総務課 ( 7番窓口 )

 

請求受付時に必要なもの

〇請求者の戸籍抄本(平成27年4月1日以降に交付されたもの)

〇請求者の印鑑(郵便局登録用。スタンプ印は不可)

〇請求に来られる方の身分証明になるもの(免許証・保険証など)

〇代理の方が請求に来られる場合は、所定の委任状が必要です。

〇請求者と同順位の方がご存命の場合は、その方の所定の請求同意書が必要です。

 

■前回の請求者と違う方が請求される場合、必要なものが追加されます。

〇戦没者等と請求者の続柄を証する戸籍

〇先順位の方がいないことを証する戸籍(前回の請求者の後順位の方が請求する場合)

〇戦没者等の死亡時から平成27年3月31日の間の請求者の戸籍(生計関係のある父母、、孫、祖父母、兄弟姉妹が請求する場合)

 

※この他にも請求者の状況に応じて、添付書類を追加していただくことがあります。

 

各種様式

関連リンク

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ
障害福祉総務課 <e-mail:shoufuku@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2151~2159)
FAX番号:072-463-8600

ページトップへ