現在の場所

平成28年7月1日(金)京都府京田辺市

目的

 6次産業化及び特産品の普及促進の取組に関する視察

随行

 岡本にぎわい創生担当理事

応対

 石井京田辺市長、吉岡経済環境部長、森田経済環境部副部長、竹嶋農政課長

内容

 

 京田辺市は、京都府南部に位置し、大阪府と奈良県との府県境で接している。東側は木津川が流れ、西側は生駒山地から連なる丘陵地帯であり、豊かな自然に囲まれている。また古くから交通の要衝として栄えており、南山城地方の行政・経済・文化の中心地として発展してきた。近年は、大規模な宅地開発や交通網の整備、学研都市の建設に伴い、人口が急増している。
 今回の視察では、本市より泉佐野産促進普及事業の取組として「泉佐野産商品化プロジェクト」及び「特産品相互取扱協定」について説明し、6次産業化及び特産品の普及促進に関して意見交換を行った。
 京田辺市の農業は、大阪・京都などの大規模消費地に近い都市近郊型農業で、本市と共通しているところがある。京のブランド野菜として「京都田辺ナス」や「えびいも」が振興作物となっている。
 その他には「お茶」の栽培が盛んで、高級玉露である「京田辺玉露」はこれまでに農林水産大臣賞を数多く獲得しているとのことである。
 今回の視察にあたり、石井京田辺市長をはじめ関係職員の皆様には大変お世話になりました。この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

お問い合わせ
秘書課 <e-mail:hisyo@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2410~2414)
FAX番号:072-464-9314
市長出張報告

ページトップへ