現在の場所

平成29年8月1日(火)富山県射水市

目的

 6次産業化及び特産品の普及促進の取組に関する視察

随行

 坂口まち活性化担当理事、植林農林水産課長、松藤秘書課長代理、向井農林水産課農水係主査

応対 

 夏野射水市長、杉浦産業経済部長、中川港湾・観光課長、宮本農林水産課長、西尾農林水産課長補佐、遠藤農林水産課長補佐

内容  

 射水市は、富山県のほぼ中央に位置している。国際拠点港湾を担う新湊港は高速道路網を活かし、太平洋側からの物資の集荷をはかり、拡大する中国や韓国などの対岸諸国への拠点として目覚ましく発展している。また、平成27年には、射水市で「第35回全国豊かな海づくり大会~富山大会~」が開催された。
 今回の視察では、本市より泉佐野産促進普及事業の取組として「泉佐野産商品化プロジェクト」及び「特産品相互取扱協定」について説明し、6次産業化及び特産品の普及促進に関して意見交換を行った。
 射水市の特産品には、肥沃な射水平野でのコメ・白ネギ・キャベツ等の農産物や、「富山県のさかな」に指定されているブリ・ホタルイカ・白エビ・ゲンゲを始めズワイガニ・甘海老などの海の幸がある。
 6次産業化の取組の1つとして、「射水サクラマス市場化推進協議会」を設置し、富山名産の「ます寿司」に用いられるサクラマスを陸上にて養殖し、通常は廃棄する骨や内臓をサクラマス魚醤の材料として使用し、廃棄物をなくしている。
 今回の視察にあたり、夏野市長をはじめ関係職員の皆様、ご多忙の折にもかかわらず、大変お世話になりました。この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

 

お問い合わせ
秘書課 <e-mail:hisyo@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2410~2414)
FAX番号:072-464-9314
市長出張報告

ページトップへ