現在の場所

平成30年1月29日(月)~1月30日(火)群馬県太田市

目的

 6次産業化及び特産品の普及促進の取組及び『ぐんま国際アカデミー』に関する視察

随行

 岡本政策監兼生活産業部長、竹内市民協働課担当理事、植林農林水産課長

応対 

 (太田市)
 清水市長、田中企画部長、有本農政政策部副部長兼農業政策課長、岡島産業環境部副部長兼工業振興課長、坂本農業政策課長代理、堀越農業政策課指導係長、城代太田市美術館・図書館館長、空井太田市美術館・図書館係長

 (学校法人太田国際学園 ぐんま国際アカデミー)
 原田事務局長、テレシタ・サルヴェ・トゥビアノサ初等部校長、野澤初等部副校長、吉田中等部・高等部校長、横塚中等部・高等部副校長

内容  

 太田市は、群馬県の東南部に位置している。東京から北西へ約86キロメートルにあり、利根川と渡良瀬川の水の恵みと、金山八王子丘陵の豊かな緑を有し、古来より歴史と文化にはぐくまれてきた。
 初日は、本市より泉佐野産促進普及事業の取組として「泉佐野産商品化プロジェクト」及び「特産品相互取扱協定」について説明し、6次産業化及び特産品の普及促進に関して意見交換を行った。
 太田市の特産品には、大和芋・ねぎ・ほうれんそう・ごぼう・焼きまんじゅう・紅小玉スイカ・地ビール「呑龍夢麦酒」や絹製品などがある。
 6次産業化の商品として、太田市産野菜を使用したウスターソースやカリカリ梅ドレッシング、みかん園で採取した蜂蜜などがあり、学校給食等で活用されているとのことであった。
 また、太田市はスバルの企業城下町として知られ、同社にちなんだ「スバル最中」、「スバルサブレ」といった土産菓子が有名である。更に近年では、太田市内に焼きそば店が多いため、市の観光協会では「焼きそばの街」としての売り込みを始め、太田焼きそばとして浸透しているとのことである。
 意見交換の後、太田駅前のランドマーク的複合施設である太田市美術館・図書館をご案内いただいた。

 2日目は学校法人太田国際学園 ぐんま国際アカデミーの西本町キャンパスで初等部、内ケ島キャンパスで中高等部を視察させていただいた。
 平成15年4月に太田外国語教育特区構想が構造改革特区第1号として認可された。これは小学校から高校までの一貫教育校を設立し、国語などを除き、すべて英語で授業を行う(英語イマージョン教育)という構想である。太田市が中心となって学校法人太田国際学園が設立・認可され、平成17年4月よりぐんま国際アカデミーが開校している。この先進的な取組について様々な話を伺うことができた。
 今回の視察にあたり、清水市長をはじめ関係職員の皆様、学校法人太田国際学園 ぐんま国際アカデミーの職員の皆様には、ご多忙の折にもかかわらず、大変お世話になりました。この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

 

お問い合わせ
秘書課 <e-mail:hisyo@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2410~2414)
FAX番号:072-464-9314
市長出張報告

ページトップへ