現在の場所

平成30年10月15日(月)~10月16日(火)北海道名寄市

目的

 台風第21号の被害報告及び支援への御礼

随行

 木内危機管理室危機管理監、中口秘書課長

応対 

 加藤市長、中村総務部長

内容  

 名寄市は本市も加盟している全国青年市長会の会長市であり、9月4日の台風第21号においては前会長市の長野県佐久市と協力し、被害状況の把握と支援の必要な自治体への声掛けを指揮いただいたお礼と、本市の被害と復旧状況の報告を行った。
 名寄市は北海道の北部に位置している。道路は南北及び東側に国道が通っている。また鉄道は南北に宗谷本線が走っており、交通の要衝地として発展してきた。
 本市が台風で被害を受けた翌々日の9月6日に発生した北海道胆振東部地震(最大震度7/厚真町)で名寄市の震度は3で大きな被害は出なかったものの、市内全域で停電が発生し数日間復旧しなかったため、市民生活に大きな支障が生じたとのことであった。このような非常事態時にもかかわらず、加藤市長はじめ青年市長会の事務局である秘書担当の皆さんには、会員市で支援が必要な自治体のニーズ調査と支援できる会員市への支援依頼を行っていただいたことに加え、本市にもブルーシートをお送りいただくなど、支援する側で会員市をサポートいただいた。
 最後に、あらためてこの場をお借りし、今回の台風第21号の被害への多大なるご支援に対し、厚く御礼申し上げます。

お問い合わせ
秘書課 <e-mail:hisyo@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2410~2414)
FAX番号:072-464-9314
市長出張報告

ページトップへ