現在の場所

津波時一時避難場所(津波避難ビル)

津波時一時避難場所とは、津波浸水予想区域内の市民が、東南海・南海地震をはじめとする大地震によって発生する津波の衝撃や浸水した水から身体を守るため、地震発生から浸水が解消し、地上を安全に歩行できるまでの期間、一時的に高所に避難するための人工構造物です。市では、下記の施設を津波時一時避難場所として指定しています。

 なお、東南海・南海地震では、本市に地震発生後から第1波の津波が到達するまで約80分と予測されており、津波到達までに避難可能な時間を有することから安全な高台(南海本線より山側)への避難を基本とし、津波時一時避難場所は、原則として避難が困難な人への緊急的・一時的な施設とします。

津波避難ビル看板

津波避難施設にご協力ください

東日本大震災では、大きな津波により、多くの方の尊い命が失われました。

 本市においても、近い将来に発生するであろう東南海・南海地震をはじめとする海溝型巨大地震やこれらを含む連鎖型地震等により沿岸部で大きな津波被害が懸念されており、安全な高台までの避難が困難と想定される人と地域も存在しています。今後の高齢化の進展と地域性等を考慮すると、より迅速に、安全に避難することのできる場所や頑丈で高い建物が必要となります。

  そのため本市では、市民の皆様の安全を守るためマンション等を管理されている皆様や民間企業の皆様のご協力のもと協定を締結し、津波時一時避難場所の確保につとめています。

 つきましては、本主旨にご賛同いただける民間企業の皆様・マンション等を管理されている皆様におかれましては、本市の更なる津波時一時避難場所の拡充にご協力いただけますようよろしくお願いいたします。

 なお、ご賛同いただける場合には、下記問合せ先までご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。

 

※津波避難ビルに指定には一定の条件があり該当しない場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせ
市民協働課 <e-mail:jiti@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2271~2277)
FAX番号:072-464-6253

ページトップへ