現在の場所

啓発資料

「人として生きる」(人権啓発冊子)

職場や学校、地域、家庭で人権について話し合っていただくために、人権啓発冊子を作成しています。

   タイトル テーマ   内容
 24  めざそう!男女共同参画社会  男女共同参画  性別で左右されることなく、個性や能力を発揮できる社会に!
 26  犯罪被害についてかんがえてみましょう 犯罪被害者の人権  犯罪被害者の人権を考える
 27  -  -  -
 28  人間回復への長い道  ハンセン病と人権  ハンセン病問題を考える

29

 じんけんを身近に! 人権一般

私たちの中にある思い込み・偏見について考える

30

生命を守るために ―すべての「暴力」を許さない―

DVと虐待 女性への暴力、児童虐待、高齢者虐待について考える
31 これってデートDV? デートDV 交際相手との関係について考える
32 さまざまな人権問題 戸籍等の不正請求、ヘイトスピーチ、女性への暴力 戸籍等の不正請求、ヘイトスピーチ、女性への暴力について考える
33 私たちの生活を支えているもの 子どものいじめ問題、インターネットと人権、ワーク・ライフ・バランス 子どものいじめ問題、インターネットと人権、ワーク・ライフ・バランスについて考える
34 だれもが幸せに暮らせるまち 外国人の人権 外国人の人権について考える

 

泉佐野市人権啓発ビデオ

泉佐野市で制作した人権啓発ビデオです。
人権の課題を、泉佐野市のみなさんの身近な暮らしの中から考えます。職場研修や
学校教育はもちろん、家庭での話し合いなどにご活用ください。

 題名 時間  主題  内容
 (355)ゆがんだ心 18分  部落問題  同和対策事業の進展のなかで、周辺地域住民に生まれている「ねたみ」意識。この意識がなぜ生まれるのかを身近な課題から考える。
 (358)あなたならどうします?(結婚差別) 21分  部落問題  部落差別が最も典型的にあらわれるのが、結婚差別。市民の意識はどうなっているのか、結婚差別の実態は、若者の意識はどうかなどについて考える。
 (440)いややねん差別 20分  部落問題  泉佐野市差別撤廃条例は、1993年9月24日に制定され、同年12月1日に施行された。府内で初めて、全国的にも珍しく、注目を集めた。条例制定に関わった人々がそれまでの苦労や、条例の意義について語る。
 (441)あなたは不採用です 23分  部落問題
女性問題
朝鮮人問題等
 社会生活の入り口である就職に際して、従来さまざまな差別が行われてきた。差別の実態と克服への課題を考える。
 (527)Look at me! 27分  障害者問題  阪神大震災後、ボランティア活動に参加したボクと、そこで知り合った車イスの青年・佐藤君との出会い。泉佐野市人権啓発課企画のドキュメント。
 (641)太郎の結婚
~部落問題一問一答
18分  部落問題  「差別は悪いと思っているけれど、結婚だけは別」と考えている人は多い。結婚を通じて部落差別がどうあらわれるのか、どう克服すればいいかを考える。
 (639)人権も愛もあるまち 泉佐野 28分  人権一般  国連が提唱する「人権教育のための国連10年」とは何かをわかりやすく説明する。同時に市内のさまざまな人権活動についても紹介。
 (640)迷信ってなんやろ 15分  部落問題  不合理だとわかっていても、迷信や六曜に縛られる生活がある。迷信を信じてしまう心理を通して、差別が温存される仕組みを考える。
 (686)なぜ調べるの 24分  部落問題、他  1998年、大阪府身元調査規制条例違反事象が発覚。俳優の新屋英子さんを案内役に、身元調査のもつ問題点を考える。

 

お問い合わせ
人権推進課 <e-mail:jinken@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2491~2498)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ