現在の場所

市民と協働し、すべてのひとが輝くまちづくり《自立・協働》

人権

 地域の実情に応じた人権施策を推進するため、「泉佐野市における部落差別撤廃とあらゆる差別をなくすことをめざす条例」のもと、昨年度に策定しました「泉佐野市人権教育推進計画」に基づき、継続的に人権啓発活動の改善を図るとともに、市民や各種関係団体との協働を強化してまいります。
 また、一昨年に「障害者差別解消法」、「ヘイトスピーチ解消推進法」、「部落差別解消推進法」がそれぞれ施行され、差別解消の機運が高まるなか、引き続き「人権擁護都市宣言」のもと、街頭啓発や町別懇談会、あいあい講座、泉佐野市人権研究集会など様々な啓発・学習の機会を通じて人権啓発に努め、あらゆる差別をなくし、市民一人ひとりの参加による人権行政施策を推進してまいります。
 さらに、根強く存在する身元調査の防止策として、引き続き「本人通知制度」の周知に努め、登録者数が増えるよう啓発を行ってまいります。
 総合生活相談では、相談者に寄り添った対応に努めるとともに、人権侵害など様々な相談にも的確に対応できるよう体制の充実に努めてまいります。また、外国人やハイリスク妊婦、障害者や犯罪被害者等への生活情報の提供をはじめ、出張相談や時間外相談、通訳の同行など、関係機関と連携して総合相談機能の充実を図ってまいります。
 市民交流センターにつきましては、今年度から北部市民交流センターに北部公民館を併設し、南部市民交流センターには青少年センター、教育支援センターさわやかルーム、特定非営利活動法人泉佐野地球交流協会が移転します。人権・教育・文化の複合施設として各機能の強化を図りながら、事業を展開してまいります

男女共同参画

 昨年3月に制定しました「泉佐野市男女共同参画まちづくり条例」のもと、「第2次いずみさの男女共同参画行動計画改訂版」に基づき、男女共同参画社会の実現に向け、総合的に取り組んでまいります。また、男女が様々な分野でそれぞれの個性と能力を発揮できるよう、ドメスティック・バイオレンス(DV)、セクシュアル・ハラスメント、パワーハラスメント、マタニティ・ハラスメントなどの相談対応やそれらの防止・啓発に努めていくとともに、就労の場においては、女性が活躍できる環境づくりに取り組んでまいります。
 さらに、一人ひとりの個性や能力を家庭や地域社会で発揮でき、すべての人が輝けるように、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)や女性の就労継続が整えられるように努めていくとともに、結婚・出産・子育て・介護などの大きなライフイベントに前向きなイメージを育んでいけるよう、情報提供をはじめ、関係機関と連携を図りながら、多面的な支援を行ってまいります。

平和

 国際連合において、「核兵器禁止条約」が採択されたことにより、国際的に核兵器の廃絶に向けた機運は高まりつつありますが、一方で、平和、安全、繁栄を脅かす行為に危機感も募らせています。
 このようななか、平和で安全な社会を発展させていくためには、国をはじめ、自治体、各種団体などが連携を強化して核兵器をなくす取り組みを進めていく必要があります。「非核平和都市宣言」のもと、日本国憲法に掲げられた恒久平和の理念を市民生活のなかで活かし、命の尊さや平和の大切さ、核兵器廃絶を訴え続けるとともに、市民と協働し、人権・平和への意識の高い社会環境の形成に努めてまいります。

国際化

 昨年3月に「国際都市宣言」を行いました。引き続き、国際化に対応できるまちづくりをめざし、人と人がふれあい、互いの異なる文化や生活習慣を理解し合える国際感覚豊かな人づくり、地域づくりを推進するため、市民や各種団体との連携を図りながら、市民レベルでの国際交流活動を展開してまいります。
 友好都市との交流につきましては、これまでの友好都市提携先である中国上海市徐匯区及びモンゴル国トゥブ県との友好交流に加え、昨年度、中国上海市宝山区、成都市新都区及びウガンダ共和国グル市と提携したことにより、新たな友好都市交流を展開してまいります。また、引き続き関西国際空港地元市としての利点を活かし、海外都市との新たな友好都市提携をめざしてまいります。
 「2020年東京オリンピック・パラリンピック」のホストタウンにつきましては、選手団の受け入れや市民との交流事業が実施できるよう準備を進めてまいります。
 オーストラリア・クイーンズランド州サンシャインコースト市とは、青少年海外研修事業をはじめ、マラソン選手の派遣事業や中学生を対象とした交流事業を実施し、幅広い世代の交流を推進してまいります。

情報・通信

 情報の発信につきましては、市民と情報を共有するため、的確でわかりやすい情報を「広報いずみさの」やホームページなどを通じて積極的に発信してまいります。また、広く市民の市政に対する関心と理解を深めるため、駅前での早朝広報活動を引き続き実施してまいります。
 また、本市の観光地やイベントなどを映像でPRする新たな手法としまして、撮影用小型無線航空機(ドローン)を活用し、本市の魅力を発信してまいります。
 また、本市の行政情報や市民活動のほか、防災情報等の提供手段としまして、ケーブルテレビにおける行政情報番組の放送を開始してまいります。

参画と協働

 町会組織などが地域において行う自主的な活動の活性化を促進するため、コミュニティ活動に対する支援を引き続き行ってまいります。町会加入促進の取り組みとしましては、町会連合会による町会・自治会活動促進袋の配付事業への支援をはじめ、町会・自治会と連携して行う未加入世帯への加入勧奨については、新規加入世帯に泉佐野地域ポイントである「さのぽ」ポイントを付与する取り組みと併せて実施してまいります。また、引き続き町会・自治会館などの整備に対する支援を行うとともに、上之郷地域におけるコミュニティ活動の拠点となる「(仮称)上之郷地区コミュニティセンター」の建設を進めてまいります。
 市民参画につきましては、市民提案箱やインターネットメール、タウンミーティングや市政モニター制度などによる市民からの提言や意見を市政に反映するとともに、市民通報システム「まちレポ泉佐野おせチョ~」の運用により、市民と行政との迅速かつ正確な情報伝達に努めてまいります。
 市民活動につきましては、市民がボランティアや特定非営利活動法人などの活動に気軽に参加できるよう、市のホームページ及び広報いずみさのを通じて市民公益活動団体の情報発信に努めてまいります。

 

学校教育、生涯学習、スポーツ、歴史・文化

地域福祉、高齢者福祉、児童福祉、障害者福祉、健康・医療、社会保険等

消防・防災、地域安全、環境衛生・環境保全、廃棄物処理、消費生活

産業(農林漁業、商工業)、観光、雇用・労働

道路・交通、公園・緑地、上下水道、住宅、市街地整備、景観

ページトップへ