現在の場所

活力をうみ、賑わいのあるまちづくり《活力・賑わい》

産業(農林漁業・商工業)

 農業振興につきましては、消費者の農産物に対する安全・安心志向の高まりや生産者による販売方法の多様な取り組みが進むなか、農家の意欲向上と農業の6次産業化や特産品のブランド化を促進する施策を展開してまいります。そのなかで、消費者と生産者を結びつける「農業祭」を開催し、地産地消活動の推進に取り組むとともに、全国各地の自治体と「特産品相互取扱協定」を締結し、泉州水ナス、松波キャベツなど泉佐野産の農産物を全国に向けて情報発信し、農業の普及促進を図ってまいります。
 また、泉佐野産(もん)商品化プロジェクトとしまして、地場の食材を使った新たな商品のPR展開や泉佐野産(もん)のブランド化を推進してまいります。農業の担い手が不足するなか、農業者以外の方が、利用権設定の制度を活用し小規模な農地を借りて新たに農業経営をめざす「準農家制度」を採り入れ、新規就農者の参入に努めてまいります。
 また、土地改良区と連携して、ため池ハザードマップの作成やため池防災事業、日根野地区ほ場整備事業などの土地改良事業を推進し、地域の安心安全の確保と営農環境整備に努めてまいります。
 森林保全につきましては、森林には、木材生産や災害防止機能のほか、生物多様性の保全や地球温暖化防止など多面的な機能を有しており、市民が共有する貴重な財産でもあります。長期的な観点で、森林を計画的に維持・管理していくために、「森林経営計画」の策定を進め、森林所有者、大阪府森林組合、大阪府と連携をしながら、適切な森林の施業と森林の保全を図ってまいります。
 漁業振興につきましては、新鮮な水産物を安定供給できるよう「つくり育てる漁業」を推進してまいります。また、昨年度制定しましたいわゆる「ワタリガニ条例」を踏まえ、漁業協同組合と連携し、資源豊富な漁場の回復に努めるとともに、平成30年度の「全国漁港漁場大会」の開催に向けた準備に本格的に取り組んでまいります。さらに、フィッシャマンズ・ワールド未利用地に、暫定的に多目的広場を整備し、フィッシャマンズ・ワールドの活性化と周辺地域のにぎわいの創生に努めてまいります。
 商工業振興につきましては、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、人の流れの創出や雇用の創出を促すため、1月にオープンしたコワーキングスペースを拠点に、ビジネスマッチングなどによる地域経済の継続的な発展や地域に根付く人材育成に取り組むとともに、女性を支援するためのチャレンジショップを展開してまいります。また、市内での新たな起業創出や中心市街地のコミュニティの形成、商店街をはじめ地域経済の活性化を図るための「地域通貨システム」を構築するなど、賑わいづくりの一助となるよう取り組んでまいります。さらに、大阪府よろず支援拠点の経営相談を有効活用することで、中小企業者の健全な発展に寄与してまいります。
 本市を代表する地場産品であります泉州タオルにつきましては、業界とともに、認知度向上や販路拡大に向けた攻めのプロモーションなどを展開することで、生産量日本一の奪還をめざします。

観光

 日本政府観光局から外国人観光案内所に認定されている観光交流プラザ「りんくうまち処」及び観光情報プラザ「関空まち処」と新たに設置する「泉佐野まち処」を拠点として、訪日外国人旅行者へのホスピタリティの向上及び情報発信の強化を図ることにより、訪日外国人旅行者の満足度向上及びインバウンド観光の推進に取り組んでまいります。
 地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりに取り組むため、官民協働して本市の観光をマネージメントするDMOの認定に向けた組織を設立するとともに、関西国際空港の玄関都市としてのポテンシャルを活かしながら、地域経済の活性化を図るため、国際会議やイベントなどのMICE(マイス)誘致やシェアリングエコノミーサービスを活用した観光客向け体験ツアーなどの開発に取り組んでまいります。
 国際観光産業振興に効果が期待できる統合型リゾート(IR)の誘致につきましては、IR実施法案の動向を見極めながら、必要な取り組みを行ってまいります。
 増加する訪日外国人旅行者の受入環境整備や滞在促進を充実させるため、いわゆる「おもてなし条例」を活用した宿泊施設の誘致に取り組むとともに、多言語案内板などの整備を推進し、地域内の消費喚起や訪日外国人旅行者の集客向上に努め、まちの活性化を図ってまいります。
 また、ふるさと応援寄附金を活用した市民主導イベントの助成や佐野くどきを踊った人数で世界一をめざすなど、地域の賑わい創出に向け、取り組んでいくとともに、公式キャラクター「イヌナキン」等を活用した本市のプロモーション活動に努めてまいります。
 さらに、新たな観光スポットとしまして、りんくうタウン緑地公園内に国際規格のアイススケート場を官民連携で整備し、国際大会などを誘致することによって、賑わいのあるまちづくりを推進してまいります。

雇用・労働

 景気は緩やかに回復しているものの、就労につながりにくい障害者やひとり親家庭の親などの就職困難者等にとっては、依然として厳しい雇用情勢が続いていることから、就職困難者等に対して、大阪府をはじめとする関係機関と連携した支援のみならず、多様化するニーズにあった就労支援を図ってまいります。
 また、地方移住を加速化させる観点から、都市間連携による就労支援カレッジ事業を拡大して実施することにより、きめ細やかな就労支援に取り組むほか、市民の雇用促進を図るため、「就労支援フェア」の実施を通じて、市民の就労・雇用の機会を提供するとともに、就職に結びつきやすい資格の取得を支援することにより、就職率の向上を図ってまいります。

 

人権、男女共同参画、平和、国際化、情報・通信、参画と協働

学校教育、生涯学習、スポーツ、歴史・文化

地域福祉、高齢者福祉、児童福祉、障害者福祉、健康・医療、社会保険等

消防・防災、地域安全、環境衛生・環境保全、廃棄物処理、消費生活

道路・交通、公園・緑地、上下水道、住宅、市街地整備、景観

ページトップへ