現在の場所

泉佐野市日根荘の里大木地区景観計画による届出

泉佐野市では大木地区を対象として、平成25年10月17日に重要文化的景観に選定された文化的景観「日根荘大木の農村景観」を次の世代へ受け継いでいくための取り組みを進めています。

その一環として平成25年4月1日より、大木地区内で建築物や工作物の新築・増築等の行為を行う場合、景観法に基づく泉佐野市日根荘の里大木地区景観計画による届出が必要となります。

以下の景観計画及び届出対象行為をご確認ください。

泉佐野市日根荘の里大木地区景観計画

泉佐野市大木地区には、中世荘園日根荘に由来する風景が時代を超えながら受け継がれています。そうした風景は文化的景観として評価されるものです。そのよいところを次の世代へ受け継いでいくために、景観法に基づく泉佐野市日根荘の里大木地区景観計画を策定しました。

 

A3見開き両面用

届出の対象となる行為

泉佐野市大木地区内で行われる以下の行為については、届け出が必要となります。

ただし、 農林業に伴うものや通常の管理行為、その他法令に基づく行為については届出が不要となる場合があります。

 

区分

規模等

建築物

新築、増築、改築若しくは移転

建築面積10平方メートルを超えるもの

外観を変更することとなる修繕若しくは模様替え

全体外観の2分の1を超えるもの

工作物

新築・増築・改築若しくは移転

 

(1) 高架道路、高架鉄道、橋りょう、こ線橋その他これらに類するもの

高さ5mを超えるもの

 

(2) 煙突、塔、高架水槽その他これらに類するもの

(3) 製造施設、貯蔵施設、電気等の供給施設、ごみ等の処理施設その他これらに類するもの

(4) 庭球場等の運動施設、遊園地等の遊戯施設その他これらに類するもの

(5) 門、塀、垣、さく、擁壁その他これらに類するもの

高さ1.5mかつ長さ10mを超えるもの

外観を変更することとなる修繕若しくは模様替え

道路等から容易に見渡すことができるもので、全体外観の2分の1を超えるもの

開発行為

開発行為面積が500平方メートルを超えるもの

土地の区画形質の変更

当該行為に伴い生ずるのり面又は擁壁の高さが1.5mを超えるもの

木竹の植栽又は伐採

高さが5mを超えるもの

屋外における物件の堆積

堆積する期間が90日間を超えるもの

屋外広告物

広告物

高さ10m、かつ表示面積が30平方メートルを超えるもの

建築物に附属する広告物

高さが10mを超える建物に付属して設けられる広告物で、表示面積が30平方メートルを超えるもの

その他

自動販売機等

屋外に新設された自動販売機等

 

 

【届出の不要な行為(主なもの)】

・農林業を営むための土地の形質の変更、屋外における物件の堆積、伐採及び植栽

・通常の管理行為その他軽易な行為

・震災、風水害、火災その他の災害のために必要な応急処置として取られる行為

・他の法律条例に基づく制度により目的が達成されると認められる行為

 文化財保護法、自然公園法など

・景観計画区域となった時点ですでに着手されている行為

・法令またはこれに基づく処分による義務の履行として行う行為

・国または地方公共団体等が行う行為   など
    ※ただし、国または地方公共団体が行う場合には、通知行為が必要となります。

 

詳しくは、教育委員会 教育総務課 文化財係へお尋ねください。

 

 


教育総務課 文化財係  kagayaki1@city.izumisano.lg.jp

電話:072-463-1212(内線2347)

FAX:072-469-5267

 

ページトップへ