現在の場所

10月25日 牛乳 ごはん すき焼き風煮 きゅうりと大根のさっぱりづけ 黒糖そらまめ

「すきやき」は日本人の大好きな料理の一つです。
江戸時代、農具で使う「すき」の上にたれで漬け込んだ鴨やたか、
鹿などの肉を焼いたのが、すき焼きのはじまりです。
牛肉を使うようになったのは、明治時代からで、
牛なべと呼ばれていました。
甘辛く味付けしたタレを使う関東風、砂糖・しょう油・酒を鍋にいれて
直接味付けする関西風などがあります。
今日の「すき焼き風煮」は、白菜・玉ねぎ・人参・ごぼう・白ねぎなどの
野菜と豚肉を関西風に煮ています。

お問い合わせ
学校給食センター
10月

ページトップへ