現在の場所

泉佐野市動物適正飼養条例制定に対するパブリックコメント(募集終了)

泉佐野市動物適正飼養条例制定に対するパブリックコメント募集は終了しました。

ご意見等の提出件数:0件(0人)

1.はじめに

 動物を飼うことで、人は心の癒しや孤独感の解消などを得て、人生の質を向上させることができます。しかしながら、求められる良識やマナーが欠如し、付随する責任を果たさなければ、周囲の人々に迷惑を及ぼしたり、動物そのものに害を及ぼすことになります。 

 泉佐野市では、泉佐野市環境美化推進条例に基づいて、平成24年1月1日から愛玩動物(ペット)のフンの放置に対して過料1000円(平成25年10月1日からは5000円)の徴収を実施し、環境美化の観点からこの問題に取り組んでまいりました。放置フンGメンによる啓発活動、警察官OBを雇用した環境巡視員による違反者への声掛けと過料徴収など、市民の皆さんのご理解とご協力を得ながら、放置フンの撲滅に向けて活動を続けています。

 一方、動物の不適正な飼養の抑制等に対応できるよう、国においても本年9月に「動物の愛護及び管理に関する法律」(以下、「動物愛護法」という。)が改正され、あわせて大阪府においても「大阪府動物の愛護及び管理に関する条例」(以下、「府条例」という。)にも改正の動きがみられます。

 そこで泉佐野市におきましても、放置フンにとどまらず、「動物愛護法」や「府条例」に連動して、動物の不適正な飼養に対応できるよう、新たに「泉佐野市動物適正飼養条例」を制定することとしました。これを公表し、皆様からのご意見等をお伺いするパブリックコメントを実施します。

2.内容

1)動物の飼養や保管に関して必要な事項を定める。

2)定められた事項を遵守しない飼養者に対しては、指導、公表、大阪府への報告を行う。

3.応募方法

 平成25年10月11日(金)から平成25年10月31日(木)までに、生活産業部環境衛生課まで、住所・氏名を明記の上、別紙「意見提出用紙」を、ご持参いただくか、郵送、FAX、電子メールのいずれかの方法で提出してください。提出期限は平成25年10月31日(木)午後5時到着分まで有効とします。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ
環境衛生課 <e-mail:kankyou@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2281~2288)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ