現在の場所

戸籍事務のコンピュータ化

泉佐野市では平成20年3月1日(土曜日)から、戸籍(皆さんの親子関係や親族関係を登録して公に証明する公文書)をコンピュータで処理し、証明書等の交付を行います。

これまで和紙に記録している戸籍事項を、コンピュータで保存・管理することで、戸籍の作成や戸籍証明書の交付の時間が短縮されます。

事務処理の時間 早く

コンピュータ化により、戸籍事項の記載や記載内容の確認が容易になり、届出から証明書の発行までの処理時間がより早くなります。また、戸籍を紙原本からコンピュータに保存することで、火災などの災害から戸籍情報を守ることができます。

証明書の様式 見やすく

証明書の様式がB4版の縦書きからA4版の横書きに変わります。記載内容も項目別になり、従来の戸籍謄本・抄本に比べて見やすく、わかりやすくなります。

地番の表示方法 本籍地番の「の」を省略 

コンピュータ化により本籍地番に枝番がある場合の戸籍・附票の表示方法が、「市場西一丁目295番地の3」から「市場西一丁目295番地3」のように「の」を削除して表記されます。住民票の本籍欄も変更します。

戸籍の氏名には常用漢字などの辞典に載っている文字を使用

コンピュータ化により戸籍には常用漢字、人名用漢字など漢和辞典に載っている文字(正字)が使用されます。これまでは手書き処理のため、書き癖、くずし字、誤字、略字など正字と異なった字体で登録されている文字がありました。コンピュータ化に際して、こうした文字は、戸籍法上では使用できない文字として、正字で戸籍に記載されます。また、戸籍に基づき、住民票の氏名文字も同様に変わります

注釈 : 今回の文字統一は戸籍表記上の字体を修正するもので、個人の氏名を変更するものではありません。印鑑登録や不動産登記などを変更する必要はありません。

注釈 : 該当する方には、2月初旬に郵送でお知らせしました。 なお、保険証や免許証などの変更手続きをする必要はありませんが、保険証等の表示を希望される方は、次をご覧のうえ、3月3日以降に手続きを行ってください。

  • 国民健康保険証
    国保年金課に保険証をお持ちいただければ手続きできます。
  • 介護保険証(3月5日以降にお願いします。)
    介護保険課に保険証をお持ちいただければ手続きできます。
  • 各種医療受給者証
    老人医療証・障害者医療証 高齢・障害福祉課に医療受給者証をお持ちいただければ手続きできます。
    乳幼児医療証・ひとり親家庭医療証 児童福祉課に医療受給者証をお持ちいただければ                           手続きできます。
  • 運転免許証
    泉佐野警察署等での手続き ご本人様が免許証と市の発行する証明証(注釈1)をお持ちい   ただければ手続きできます。
  • 金融機関、クレジットカード会社等については各社にお問い合わせください。

(注釈1)市の発行する証明証は、平成20年3月3日以降に市民課及び市民サービスコーナーで無料で必要な方に交付します。

置き換え例

戸籍謄本・抄本の名称を変更

コンピュータ化により戸籍事項のすべてを証明する戸籍の「謄本」は「全部事項証明書」に、戸籍事項の各個人を証明する戸籍の「抄本」は「個人事項証明書」に変わります。なお、証明書の交付手数料は、今までと同じ1通450円です。

コンピュータ化前の戸籍は平成改製原戸籍として保存

コンピュータ化前に使用していた戸籍は、「平成改製原戸籍」として百年間保存されます。コンピュータ化後の新しい戸籍には、婚姻や死亡などで既に除籍された人は記載されません。相続などの手続きでこのような記載のない事項の証明書が必要な場合は、「平成改製原戸籍」(コンピュータ化前の戸籍)をご請求ください。「平成改製原戸籍」の交付手数料は1通750円です。

戸籍の附票もコンピュータ化  正確に、早く、見やすく

戸籍に登録されている方が、どこに住んでいるのかを把握するために、戸籍の附票の制度があります。これは、住民基本台帳法に基づいて、全国の市区町村からの通知により住所の異動を記録したものです。戸籍事務に並行してこの附票事務もコンピュータ化されます。コンピュータ化直後の附票には、その時点での現住所だけを記録し、以後、住所の異動を順次追加していきます。

今までの附票原本は、改製された附票(除附票)として、5年間保存されます。証明書の交付手数料は、今までと同じ1通400円です。

戸籍証明書の新旧対照表


従来の証明 コンピュータ導入後
名称 戸籍謄本(全員) 全部事項証明書
名称 戸籍抄本(個人) 個人事項証明書
様式 B4版横長(謄本) A4版縦長
様式 B5版縦長(抄本) A4版縦長
書式 縦書き文章形式 項目別横書き
用紙 改ざん防止用紙 改ざん防止用紙
公印 黒色印(電子印) 黒色印(電子印)

コンピュータ導入後の戸籍証明書 (イメージ)

コンピュータ導入後の戸籍証明書

対象となる方は、泉佐野市に本籍のある方です。

住民登録が泉佐野市でも、本籍地が泉佐野市にない方は対象になりません。

お問い合わせ
市民課 <e-mail:simin@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2111~2118)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ