現在の場所

個人情報保護制度とは

平成12年7月からスタート

この制度は、基本的人権を守るため、自分の個人情報がどう記録され、どう利用されているのかを知りたいときや個人情報の取扱いに不満があるときに、市民のみなさんからの請求に応じて、その情報の開示や訂正などを請求することができるものとするほか、個人情報の適正な取扱方法を定めるものです。

開示請求から開示までの流れの図

請求できる内容

  • 開示請求:自分の情報が記録されている文書などの閲覧や写しの交付を請求できます。
  • 訂正請求:記録されている自分の情報が事実と異なり誤っているときに、その訂正を請求できます。
  • 削除請求:自分の情報が条例の規定に違反して収集されたときに、その削除を請求できます。
  • 利用停止請求:自分の情報が条例の規定に違反して利用し、又は提供されたときに、その利用停止を請求できます。

開示などの請求ができる人

市が持っている個人情報の本人が請求できます。(未成年者の法定代理人や遺族なども請求が可能です。)

開示などの請求の方法

所定の請求書に必要事項を記入して、情報公開コーナーに提出してください。提出の際には、本人であることを証明する書類(運転免許証や保険証など)を持参してください。

開示などの決定

請求書を受付した日から開示請求は15日以内、訂正請求・削除請求は30日以内に決定し、書面で請求者に通知します。

開示できない情報

開示が原則ですが、他人の個人情報保護が記録されている文書などは、例外的に開示されない場合や部分的に開示されない場合があります。

開示の方法

決定通知書に記載された日時、場所で個人情報の閲覧や写しの交付を行います。

費用の負担

閲覧、訂正・削除に係る手数料は無料ですが、個人情報の写しの交付や郵送を希望する請求者は、その費用の実費を負担していただきます。

決定に不服があるとき

非開示の決定などを受けた請求者は、その決定に不服があるときは、不服申立てができます。この場合には、中立的機関である個人情報保護審査会に諮問し、その答申を尊重して、再度検討して決定します。

市が行う個人情報の取扱方法

  • 個人情報を取り扱う事務を登録して、その目的や記録項目などをみなさんに明らかにします。
  • 個人情報を収集するときは、その目的を明らかにしてその目的達成のために必要な範囲内で、原則として本人から収集します。また、思想・信条などの個人情報や社会的差別の原因となるおそれのある個人情報は、原則として収集しません。
  • 収集した個人情報は、法的に必要な場合などを除いて、その取扱事務の目的以外に利用したり、市以外の外部に提供しません。
  • 収集した個人情報は、正確かつ最新の状態に保ち、漏えいなどに対する防止措置をとって適正な管理に努めます。

民間事業者の責務など

民間事業者は、自主的に個人情報の保護措置をとる責務があります。市は、事業者に対して指導・助言をするほか、個人情報の不適正な取扱いをしている事業者に対しては、取扱いの是正を勧告し、それに応じない場合は氏名などを公表することがあります。

苦情相談の受付

市は、市の機関のほか民間事業者が行う個人情報の取扱いについての苦情も受け付け、適切かつ迅速な処理し、処理内容を苦情相談をした者に通知します。

委託業者などの罰則

市から個人情報を取り扱う事務の委託を受けた業者等の従事者などが、個人情報を漏らしたときなどは、罰則が科されます。

お問い合わせ
総務課 <e-mail:soumu@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2241~2256)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ