現在の場所

泉佐野市空家等対策について

空家等対策の推進に関する特別措置法

 適切な管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしており、地域住民の生命・身体・財産の保護、生活環境の保全、空家等の活用を促進するため、平成26年11月27日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下「法」という。)が制定され、平成27年5月26日に完全施行されました。

空家等の定義

 建築物又はこれに付随する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。)をいう。(法第2条第1項)

特定空家等の定義

 そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等をいう。(法第2条第2項)

泉佐野市空家等対策計画

 法施行に伴い、平成28年度に市域全域を対象に空家等実態調査を行い、その調査結果をもとに、平成29年度に「泉佐野市空家等対策計画」の策定を行いました。計画策定にあたりましては、有識者、町会連合会代表に加え、法律、不動産、建築の専門家で構成する「泉佐野市空家等対策協議会」を設立し、協議会との協議を重ね、パブリックコメント実施のうえ策定いたしました。

空家等対策の基本方針

方針1:適正管理と利活用による管理不全な空家化の予防

方針2:特定空家等がもたらす地域への悪影響の解消

方針3:跡地の有効活用

 

特定空家等の指定について

 特定空家の指定については、「泉佐野市特定空家等判断基準表」に基づき、泉佐野市空家等対策協議会の意見を聞いたうえで、指定を行います。

 

「泉佐野市空家等対策計画」及び、空家等対策についての具体的施策については下記をご覧ください。

補助制度については平成30年5月1日から受付を開始します。予算枠が一杯になり次第、受付を終了させていただきます。

空家等に関する相談窓口

一般的な相談窓口

  泉佐野市都市整備部都市計画課   電話072-447-8124

専門的な相談窓口

  大阪の住まい活性化フォーラム 

お問い合わせ
都市計画課 <e-mail:tokei@city.izumisano.lg.jp>
住所:〒598-0048 泉佐野市りんくう往来北1 りんくうタウン駅ビル東棟2階
電話番号:072-447-8124
FAX番号:072-447-8125
都市計画課のリンク

ページトップへ