現在の場所

国民健康保険の加入・喪失について

こんなときは必ず国保年金課まで届け出を

次の場合には、資格の変更があったときより必ず14日以内に市役所国保年金課まで届け出てください。

国保に加入するとき

 

 こんなとき  手続きに必要なもの
 ほかの市区町村から転入してきたとき  印鑑
 職場の健康保険などを資格喪失したとき  職場の健康保険の資格喪失証明書・印鑑
 生活保護を受けなくなったとき  保護廃止決定通知書・印鑑
 子どもが生まれたとき  保険証・印鑑

 

国保を脱退するとき

 

 こんなとき  手続きに必要なもの
 ほかの市区町村へ転出したとき  保険証・印鑑
 職場の健康保険などに加入したとき  国保と職場の健康保険の保険証・印鑑
 生活保護を受け始めたとき  保険証・保護開始決定通知書・印鑑
 死亡したとき  保険証・死亡を証明するもの・印鑑

その他

 

 こんなとき  手続きに必要なもの
 市内で転居したとき  保険証・印鑑
 世帯の分離・合併があったとき  保険証・印鑑
 氏名または世帯主が変わったとき  保険証・印鑑
 保険証をなくしたとき  印鑑

 

注意事項

  • 職場の健康保険などを脱退したときの国保加入手続きは、資格喪失日以降14日以内に届け出てください。
  • 窓口にて保険証の交付を希望される場合は、本人を証明できるもの(免許証・パスポート等公的機関の発行する顔写真入りのもの)が必要となります。

 

ご注意ください!もし届け出が遅れた場合……

国民健康保険に加入する届け出が遅れた場合

国民健康保険に加入する資格があった日までさかのぼって(最長2年)保険料を納付することになります。

国民健康保険に加入する資格があった日から届出日までの医療費は全額自己負担となることがあります。

国民健康保険を脱退する届け出が遅れた場合

国民健康保険の資格がなくなったあと、国民健康保険の保険証を使って診療を受けた場合、国民健康保険が負担した医療費を返還してもらうことになります。

退職者医療制度

長い間勤めた会社などを退職して国保に加入している人のうち、厚生年金などの老齢(退職)年金を受けていて、その加入期間が20年(または40歳以降に10年)ある人(年金証書等による確認が必要です)は退職者医療制度で医療を受けることになります。また、国保加入者で本人と同じ世帯で、主として本人により生計を維持している退職者の配偶者(事実上婚姻関係にある人を含む。)および3親等内の親族は、被扶養者として退職者医療制度で医療をうけることになります。健康保険制度の改正により、平成20年4月1日から国民健康保険退職者医療制度の対象年齢が現行の75歳未満から65歳未満となりました。

 

   退職被保険者本人  被扶養者
 外    来  3割  3割
 入    院  3割  3割

 

一部負担金は平成15年4月1日以降すべて3割負担です。

お問い合わせ
国保年金課 <e-mail:kokuho@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2121~2129・2197~2199)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ