現在の場所

「いずみさのオータムフェスト」が開催されました

いずみさのオータムフェスト

平成25年11月4日、ショッパーズモール泉佐野特設会場において、市制65周年を記念し、泉佐野市での食材ブランドや地域ブランドの推進・創出を目的に、ご当地グルメ等が堪能できるイベント「いずみさのオータムフェスト(食と市民の交流会)」が開催されました。

いずみさのオータムフェスト

たくさんの人で賑わっていました。

いずみさのオータムフェスト

ステージでは、オープニング前に、よさこいが先陣を切ってパフォーマンス。オープニングを活気づける、元気なオープニング演武でした。

いずみさのオータムフェスト

ゑぇじゃないか祭り10周年と泉佐野市制65周年を記念し、泉佐野市特産のタオルにちなんだ「タオル de ゑぇじゃないか」踊りも披露されました。

いずみさのオータムフェスト

オープニングセレモニーは、千代松市長のあいさつで始まりました。

いずみさのオータムフェスト

S-1グランプリ最優秀レシピの発表があり、表彰式が行われました。

いずみさのオータムフェスト

受賞されたみなさんで記念撮影。

いずみさのオータムフェスト

ステージでは他にも、HIPHOPダンスの披露がありました。

いずみさのオータムフェスト

地球戦士ゼロスの防犯啓発ショーもあり、子どもたちに誘拐されないために5つの約束を紹介していました。

いずみさのオータムフェスト

いずみさの名物パンの発表があり、泉佐野の特産をたっぷり詰め込んだご当地サンドウィッチが紹介されました。
その名も「泉佐野名物サンド」は、犬鳴ポーク、泉州たまねぎ、泉州キャベツ、地ソースたれ(もんくたれ)を使用しています!

いずみさのオータムフェスト

みなさんで記念撮影。S-1グランプリで受賞した作品とともに、地域ブランドのご当地グルメとして、販売・展開される予定です。

いずみさのオータムフェスト

「食べて元気に大声ステージ」では、「泉佐野名物サンド」を食べてその感想を大声で叫んで、音量を計測しました。

いずみさのオータムフェスト

射手矢農園さんの泉州玉ねぎ詰め放題には、長蛇の列ができていました。

いずみさのオータムフェスト

みなさん、袋にいっぱい詰め込んでいました。

いずみさのオータムフェスト

こちらは、巨大鍋で作る地元食材をふんだんに使った「さの鍋」の販売。

いずみさのオータムフェスト

「さの鍋」の販売にも、たくさんの人が列をなしていました。

いずみさのオータムフェスト

「さの鍋」は、犬鳴ポークと泉州玉ねぎなど、泉佐野の名物食材を使用したご当地鍋でした。

いずみさのオータムフェスト

府立佐野工科高校さんのブースでは、科学等体験の他、わたがしなどの販売も行っていました。

いずみさのオータムフェスト

こちらも佐野工科高校さんおブースで、木でできた自動車に子どもたちも記念撮影をしていました。

いずみさのオータムフェスト

郵便局さんのブースの前でピンクのイヌナキンが手に持っているのは、イヌナキンのポストカード。

いずみさのオータムフェスト

市制65周年を記念して、泉佐野市のイヌナキンの消印(郵便小型記念通信日付印)を押印してもらえました。

いずみさのオータムフェスト

観光協会のブースでは、イヌナキンのグッズなども販売。

いずみさのオータムフェスト

大阪タオル工業組合のブースでは、泉州タオルを販売していました。

いずみさのオータムフェスト

ステージで発表された「泉佐野名物サンド」が、早速オリエンタルベーカリーさんのブースで販売されていました。

いずみさのオータムフェスト

その他にも、「泉佐野うまいもの・特産品ゾーン」では、お求めやすいワンコイン(100円・500円)で、たくさんの「うまいもん」が販売されていました。

いずみさのオータムフェスト
いずみさのオータムフェスト
いずみさのオータムフェスト

また、ひゃくてん焼きのブースでは、表彰式が行われたS-1グランプリの最優秀作品「王様のタオル焼き」が早速販売されていました。

いずみさのオータムフェスト
いずみさのオータムフェスト

迷宮の町「さの町場」にちなんだ段ボール迷路もあり、たくさんの子どもたちが迷路を楽しんだり、段ボールにお絵かきもしていました。

いずみさのオータムフェスト

あいにくの雨で、すべてのステージイベントができませんでしたが、泉佐野市の食材や地域ブランドが体験できる、楽しいイベントでとても盛り上がったイベントでした。

フォトニュース

ページトップへ