現在の場所

史跡日根荘遺跡保存活用計画(素案)に対するパブリックコメントの実施

史跡日根荘遺跡保存活用計画(素案)に対するご意見をお寄せください

募集期間:平成30年2月1日~平成30年2月20日

1.はじめに

本市は、中世荘園日根荘の故地として知られ、国史跡日根荘遺跡として社寺堂(跡)、ため池や水路、山城など16か所が指定されています。中でも大木地区は日根荘のあった時代は入山田村と呼ばれた場所で、豊かな自然環境のもと、日根荘に由来する数多くの要素を現在まで受け継いできた良好な農村風景を見ることができます。

本市では、こうした日根荘遺跡の保存管理及び将来への活用整備にかかる指針づくりとして位置づけ、熊取町教育委員会と共同で「史跡日根荘遺跡 保存活用計画」の策定を進めています。

このたび、保存活用計画の素案がまとまりましたので、これを公表し、みなさんからのご意見を伺うパブリックコメントを実施します。

 

2.計画の内容

史跡日根荘遺跡保存活用計画(素案)

3.応募方法

平成30年2月1日(木曜日)~平成30年2月20日(火曜日)までに、教育総務課まで住所・氏名を明記のうえ、別紙「意見提出用紙」を、ご持参いただくか郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかの方法で提出してください。いずれの提出方法とも、2月20日(火曜日)午後5時到着分までとします。

 

持参の場合

泉佐野市役所 3階 教育総務課

郵送の場合

〒598-8550

泉佐野市市場東1丁目295-3

泉佐野市教育委員会 教育総務課

ファクシミリの場合

(072)469-5267

電子メールの場合

メールアドレス kagayaki1@city.izumisano.lg.jp

 電話による受付はいたしませんので、ご了承ください。

4.いただいたご意見等の取扱い

提出いただいたご意見等の概要とそれに対する考え方などについて、ホームページ等により一定期間公表いたします。個別の回答は行いませんのでご了承ください。

ページトップへ