現在の場所

パブリックコメント制度の概要

1.パブリックコメント制度の定義

パブリックコメント制度とは、市民生活に広く影響を及ぼす市政の基本的な計画、制度などを立案する過程において、これらの案の趣旨、内容などを公表し、その案について市民から提出された意見を検討して意思決定を行う一連の手続のことです。

2.制度の目的

この制度は、市の政策形成過程における透明性および公正性の向上を図るとともに、より市民のニーズに合致した行政執行を実現することが目的です。

3.制度の対象事項

この制度の対象となる事案は、次のとおりです。

  1. 市の基本的な政策に関する計画、指針等の策定およびこれらの重要な改定に係る案
  2. 市政に関する基本方針を定めることを内容とする制度または市民に義務を課し、若しくは権利を制限することを内容とする制度(金銭の賦課徴収に関する条項を除く。)の制定または改廃に係る案

(注釈:緊急性を要するもの及び軽易なものは、対象から除きます。)

4.計画案などの公表

市は、計画などを立案しようとするときは、最終的な意思決定を行う前に、資料を添付して計画などの案を公表します。

公表の方法は、市のホームページへの掲載、情報公開コーナー、所管課での閲覧・配付とします。また、市報への掲載などにより、市民に周知するよう努めます。

5.意見の提出

市は、意見の提出期間、提出方法などを定め、計画などの案の公表の際に明示します。

意見の提出期間は、20日以上を目安とし、提出方法は、郵便、ファクシミリ、電子メールに限ります。

6.提出された意見の反映

市は、提出された意見を検討のうえ、最終的な意思決定を行うこととし、意思決定を行っったときは、提出された意見およびそれに対する市の考え方を公表します。

また、提出された意見を検討して計画案などを修正したときは、その修正の内容および理由を公表します。

お問い合わせ
政策推進課 <e-mail:seisaku@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2428・2429)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ