現在の場所
  • ホーム
  • トピックス
  • 新型コロナウイルスに係る海外からの帰国者・入国者に対する転入届の手続きの猶予(新型コロナウイルス感染症拡大防止)

新型コロナウイルスに係る海外からの帰国者・入国者に対する転入届の手続きの猶予(新型コロナウイルス感染症拡大防止)

新型コロナウイルス感染症につきまして、海外から帰国(又は来日)された方に関しては、国から、14日間(帰国日又は入国日の翌日から数えて14日間)の自宅等での待機が要請されているところです。

 

 

住所の異動については、住民基本台帳法の規定により、これらの事由が生じた日から原則として14日以内に行わなければならないとされています。

 ただし、当分の間、国からの通知により、届出期間を過ぎても、「正当な理由」があったものとして、海外から帰国又は来日される市民の方につきましては、14日経過しても手続きいただけます。

 

 このため、海外から帰国又は来日された方は、国が定める待機期間(帰国日又は入国日の翌日から数えて14日間)を経過したのちに、住民異動届の手続きにご来庁いただくか、代理人(要委任状)に手続きを依頼していただきますようにお願い申し上げます。

 

 万が一、待機期間中にご来庁された後に発症した場合、窓口の一時閉鎖も想定されますので、ご協力をお願いいたします。

 

 なお、住民登録以外のお手続き(学校・各種手当・健康保険等)に関しては、それぞれ取り扱いが異なる場合があります。お電話で各担当部署にご相談ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

総務部市民課

〒598-8550

泉佐野市市場東一丁目295番地の3

電話:072-463-1212

内線:2114、2116、2117

 

トピックス

ページトップへ