現在の場所

カラーデザインマンホール蓋(第2弾)の完成について

 本市では、公共下水道事業会計が令和2年度から公営企業に移行したことを記念して、本市の公式キャラクター「イヌナキン」の分身である「ゆるナキン」をモチーフとして、本市の魅力を一枚のマンホール蓋に描いた、新しいカラーデザインマンホール蓋を作成しました。

 

    このカラーデザインマンホール蓋は、市内のどこかに1枚だけ設置しておりますが、南海本線泉 佐野駅周辺で買い物などの散策をして頂くと、そ の「幸運の1枚」に出会えると思います。

※写真撮影や鑑賞される場合は、人の通行の迷惑にならないように配慮をお願いします。

 

 

 

【泉佐野市デザインマンホール蓋 変遷】

1.デザインマンホール蓋 

  (昭和62年~現在)

 

 市章を中心に市の木「いちょう」を配し、歴史ある豊かな自然の中、発展を続ける市の産業と市民の生活の将来性を表現したものです。

 実りある家庭生活を家族のような大小16枚のいちょうの葉と銀杏で表し、教育の推進、市民福祉の向上を目指す目的で製作しました。

 左側の蓋は現在も使用しており、右側の蓋は展示用としてカラー着色しものです。

 

2.カラーデザインマンホール蓋(第1弾)

  (平成29年)

 泉佐野市政70周年、デザインマンホール蓋設置30周年を記念して製作したカラーデザインマンホール蓋です。

 「一生犬鳴(いっしょうけんめい)」PR活動をしている本市公式キャラクター「イヌナキン」を中央に配したデザインとなっています。 

 市内に1箇所だけ設置しています。

 このデザインによる「マンホールカード」を下水道広報プラットホーム(GKP)と共同製作し、観光交流プラザ「りんくうまち処」にて配布しています。

 

3.カラーデザインマンホール蓋(第2弾)NEW!

  (令和2年)

               GKPマンホールカード(第14弾)に申請予定!!

 本市の公共下水道事業会計が令和2年度から公営企業会計に移行したことを記念して、また、下水道事業をより身近に感じてもらうため、製作したマンホール蓋です。

 イヌナキンの分身である「ゆるナキン」を第1弾より大きく中央に配し、本市の魅力である関西空港、りんくうタウン、犬鳴山温泉をデザインしました。

 市内に1箇所だけ設置しています。

 

トピックス

ページトップへ