新型コロナワクチン接種方法について

接種を希望する人は、【個別接種】又は【集団接種】のいずれかを選んで予約していただくことになります。

個別接種

各医療機関ごとに定員や予約方法は異なりますのでご注意ください。
★医療機関(個別接種)の予約方法:直接希望する医療機関へ予約してください。

上記の『新型コロナワクチン追加(3回目)接種について』ページ内の「 接種を受けられる場所について」 【個別接種】泉佐野市内の新型コロナワクチン接種医療機関一覧』をご覧ください。尚、医療機関一覧以外でも、普段通われている医療機関で接種できる場合もありますので、医療機関へお問い合わせください。

 

個別接種の予約が可能な医療機関の一覧を掲載しています。

(更新日時点での情報となりますので、お問い合わせする日時によっては受付が終了している場合があることをご了承ください。)

※熊取町・田尻町・泉南市・阪南市・岬町の実施医療機関でも受けることが出来ます。実施医療機関は、各自治体のホームページ又は、各自治体のコールセンター等でご確認ください。

なお、各市町で接種時期が異なっており、各市町が設定する予約時期まで本市市民の予約が制限される場合等もありますので、ご注意ください。

集団接種

集団接種の予約方法

希望日を選んで、Webサイトまたはコールセンターから行なってください。

※市役所や集団接種を実施する各施設では予約できませんので、電話はご遠慮ください。

予約案内表
コールセンターに電話で予約 Webサイトから予約

泉佐野市コロナワクチンコールセンター
(平日のみ 受付時間 9時~19時)

0120-133051(フリーダイヤル無料)

新型コロナワクチン接種【集団接種】

Web予約サイトはこちら

こちらから予約サイトへアクセスして下さい。

 

どんなワクチンでも、副反応が起こる可能性があります

一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。治療を要したり、障害が残るほどの副反応は、極めて稀ではあるものの、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は救済制度の対象です。)

今回新たに承認されたワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種後に、接種部位の痛みは約80%に、37.5度以上の発熱が約33%、疲労・倦怠感が約60%の方に認められています。

ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、米国で100万人に5人程度と報告されています。日本の接種では、ワクチン接種後15~30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います。

新型コロナワクチン接種についての相談先

一般的なお問い合わせ

泉佐野市コロナワクチンコールセンター【9時~19時(平日のみ)】

電話番号 0120-133-051

聴覚に障害のある方は、ファックス 072-461-4571 へご連絡ください。

専門的な(ワクチンの副反応等)お問い合わせ

大阪府コロナワクチンコールセンター【24時間(土日・祝日可)】

電話番号 0570-012-336

新型コロナワクチン全般のお問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター【9時~21時(土日・祝日可)】

電話番号 0120-761-770

お問い合わせ CONTACT

健康推進課 <e-mail:hoken-c@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2311~2318、2361~2364)
FAX番号:072-461-4571