新型コロナワクチン追加(3回目)接種について

接種が受けられる期間について

追加(3回目)接種を行う期間は、令和3年12月1日から令和4年9月30日までを予定しています。

接種の対象となる方について

新型コロナワクチンの追加(3回目)接種の対象となる方は、以下の全ての要件を満たす方です。

・2回目接種を完了した日から、原則8か月以上経過した方(※1)

12歳以上の方

・日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種(※2)が完了している方

※1前倒しで接種しています。下の追加(3回目)接種の前倒しをご覧ください。

※2次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。

ア 海外で2回接種した方

イ 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方

ウ 在日米軍従業員接種で2回接種した方

エ 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

泉佐野市新型コロナワクチン3回目接種促進事業

泉佐野市新型コロナワクチン3回目接種促進事業(さのぽポイント付与)につきましては、下記のリンク先をご覧ください。

追加(3回目)接種の前倒しについて

令和3年12月17日付けで、厚生労働省から、医療従事者や高齢者施設の入所者などの一部の対象者は、2回目接種完了から8か月以上の経過を待たずに追加(3回目)接種ができる旨の方針が示されました。また、令和4年1月13日付けで、一般高齢者に対して、令和4年3月以降、2回目接種の完了から6か月以上経過した後に追加接種に努めること、また、一般高齢者を除く者に対して、令和4年3月以降、2回目接種の完了から7か月以上経過した後に追加接種に努めることの考え方が示されました。
さらに、1月31日付で厚生労働省から通知があり、現在、武田/モデルナ社ワクチンでの接種に限り、2回目接種完了日から6か月以上の接種間隔で接種していただくことを可能としておりましたが、現時点における接種状況やワクチンの供給量等を考慮し、ファイザー社ワクチンについても、2回目接種完了日から6か月以上の接種間隔で接種していただくことを可能といたします。

 

追加(3回目)接種の接種券の発送について

2回目接種を受けた泉佐野市民には、接種券一体型予診票(以下、「接種券等」という。)を、接種対象の方に、住民票所在地に順次を発送しています。届いた接種券等は、予約及び接種の際に必要となりますので、大切に保管してください。

 

2回目接種完了月

接種券発送(予定)日

追加接種開始時期※

令和3年10月

令和4年3月末頃

令和4年4月以降

※追加接種開始時期は、2回目接種完了から6か月を経過した同日から接種可能です。同日がない場合は、その翌月の1日から接種できます。

〇接種の予約につきましては、下記の「接種を受けられる場所について」をご確認ください。

〇2回目の接種後に泉佐野市に転入された方は、接種券の発行申請が必要です。

特に接種をお勧めする方について

・高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」

・重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」

・医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方」

接種ワクチンと接種対象年齢について

1回目・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを使用します。

ファイザー社のワクチン:12歳以上の方が対象です。

武田/モデルナ社のワクチン:18歳以上の方が対象です。なお、追加接種では、初回接種の半量を接種します。

妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方にとってもワクチン接種はメリットがあるため、接種をご検討ください。詳しくはQ&Aをご覧ください。

接種を受けられる場所について

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。

接種を希望する人は、【個別接種】又は【集団接種】のいずれかを選んで予約していただくことになります。

【個別接種】

各医療機関ごとに定員や予約方法は異なりますのでご注意ください。

医療機関(個別接種)の予約方法⇒直接希望する医療機関へ予約してください。

下記リストにない場合でも、普段通われている医療機関で接種できる場合もありますので、医療機関へお問い合わせください。

 

※熊取町、田尻町、泉南市、阪南市、岬町の実施医療機関でも受けることができます。実施医療機関は、各自治体のホームページ又は、各自治体のコールセンター等でご確認ください。

【集団接種】

集団接種の予約方法

希望日を選んで、Webサイトまたはコールセンターから行なってください。

※市役所や集団接種を実施する施設では予約できませんので、電話はご遠慮ください。

予約案内表

コールセンターに電話で予約

Webサイトから予約

泉佐野市コロナワクチンコールセンター

(平日のみ、12月29日~1月3日は除く

受付時間 9時~19時)

0120-133051(フリーダイヤル無料)

新型コロナワクチン接種【集団接種】

Web予約サイトはこちら

こちらから予約サイトへアクセスして下さい。

 

なお、やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種ができない方は、住所地以外で受けていただくことができる場合があります。具体的な手続きは、「コロナワクチンナビ:住所地外接種届について」をご覧ください。

住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができる方の例

1 入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方

2 通所による介護サービス事業所等の利用者で、その事業所等で行われるワクチン接種を受ける方

3 基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方

4 副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要な方

5 市町村外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受ける方

6 災害による被害にあった方

7 都道府県等の設置する大規模接種会場等で接種を受ける方(会場毎の対象地域にお住まいの方に限ります)

8 職域接種でワクチン接種を受ける方

9 お住まいが住所地と異なる方

※1~8の方については、住所地外接種の手続きは不要です。

【その他】

大阪府では、令和4年4月21日(木曜日)~5月22日(日曜日)を集中取組期間として、特に若年層へのワクチン接種促進に取り組んでいます。取組内容はこちら

接種を受けるための手続きについて

以下のような方法で接種を受けることになります。

 

1 泉佐野市から追加接種用の「接種券付き予診票」と「新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ」が届きます。

※1、※2

2 ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。(接種が受けられる場所を参照)※3

3 電話で泉佐野市コロナワクチンコールセンターへ、またはインターネットで予約をしてください。

4 ワクチンを受ける際には、泉佐野市より郵送される「封筒の中身一式※4」と「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。

5 当日は、速やかに肩を出せる服装でお越しください。

※1 追加接種の接種券発送スケジュールや予約受付開始時期などは、国の方針や時期により異なることがあります。

※2 次のような例に該当し、2回目の接種を完了した日から6か月以上経っていても接種券が届いていない方は、個別に接種券の発行申請を行なってください。

例・初回接種(1回目・2回目接種)の後に転居された方

・海外在留邦人向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方

・在日米軍従業員接種で2回接種した方

・製薬メーカーの治験等で2回接種した方

・海外で初回接種(1回目・2回目接種)を受けた方

※3 医療従事者等は、お勤めの医療機関で接種を受けられる場合もあります。詳しくは勤務先にご確認ください。

※4 封筒には、「接種券が印字された予診票」と「予防接種済証」の用紙が同封されています。 どちらも忘れずにお持ちください。

接種を受ける際の費用について

全額公費(国の負担)で接種を行うため、無料で接種できます。

接種を受ける際の同意について

新型コロナワクチンの接種は、市民の皆さまにご検討いただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となります。署名がなければワクチンの接種は受けられません。

職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度について

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

【関連リンク】

新型コロナワクチン接種に関するアンケート調査結果について

アンケート調査結果について

アンケート調査の概要

1.調査期間:令和3年11月12日(金曜日)~令和3年12月31日(金曜日)

2.調査方法:インターネット調査(ダイレクトメール・LINEで周知し、希望者のみ回答)

3.回答総数:1,682件

お問い合わせ CONTACT

健康推進課 <e-mail:hoken-c@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2311~2318、2361~2364)
FAX番号:072-461-4571