ヒトパピローマウイルスワクチンの接種を希望される方へ

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)定期接種の積極的勧奨を再開します。

ヒトパピローマウイルスワクチンについては、平成25年6月14日付で厚生労働省の通知を受け、定期接種の積極的勧奨を差し控えていましたが、令和3年11月26日に平成25年の通知が廃止されたことを踏まえて、令和4年度より個別の勧奨を行うこととなりました。

厚生労働省ホームページ「ヒトパピローマウイルス感染症~子宮けいがんとHPVワクチン~」(外部リンク)

ヒトパピローマウイルス感染症とHPVワクチン

ヒトパピローマウイルス感染症とは

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性でであれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等の多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

ヒトパピローマウイルス感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学6年~高校1年相当の女子を対象に定期接種が行われています。

 

HPVワクチンについて

HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができ、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます。

HPVワクチンを導入することにより、子宮頸がんの前がん病変を予防する効果が示されています。また、接種が進んでいる一部の国では、子宮頸がんそのものを予防する効果があることも分かってきています。

 

<定期接種の対象となる人へ>

小学6年生の女子には、5月末に予診票及び説明書等を発送します。また、中学1年生から高校1年生相当の女子には、既に予診票を郵送しています。

接種を希望する場合は、下記の厚生労働省のリーフレットをお読みいただき、効果と副反応を十分に理解したうえで接種をしてください。

厚生労働省リーフレット(概要版)「小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ」(PDFファイル:2.8MB)

厚生労働省リーフレット(詳細版)「小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ」(PDFファイル:3.6MB)

 

<キャッチアップ接種について>

積極的勧奨の差し控えにより接種の機会を逃した人(平成9年4月2日生まれから高校2年生相当の女性)に対して、公平な接種機会を確保する観点から、令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間で、合計3回接種のうち残りの回数を定期接種として接種できることとなりました。

厚生労働省ホームページ「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~」

対象となる人には、令和4年6月に予診票及び説明書等を発送しました。

接種を希望する場合は、下記の厚生労働省のリーフレットをお読みいただき、効果と副反応を十分に理解したうえで接種をしてください。

厚生労働省リーフレット「HPVワクチンの接種を逃した方に接種の機会をご提供します」(PDFファイル:2.2MB)

対象者と接種期間

<定期接種>

【対象者】 接種日時点で泉佐野市に住民票のある、小学校6年生から高校1年生相当の女子(平成20年4月2日から平成25年4月1日生まれまでの女子)

 

<キャッチアップ接種>

【対象者】接種日時点で泉佐野市に住民票のある、平成9年4月2日から平成20年4月1日生まれまでの女子で、過去にHPVワクチン接種を合計3回受けていない人については、令和7年3月31日までに未接種分の回数を接種。

接種回数・間隔と接種スケジュール

令和5年4月1日付で予防接種法が改正され、「9価ワクチン(シルガード9)」が定期接種のワクチンとして追加されました。

・9価HPVワクチン接種のお知らせ(定期接種対象者)(PDFファイル:603.5KB)

・9価HPVワクチン接種のお知らせ(キャッチアップ対象者)(PDFファイル:491.1KB)

これにより、現在、日本で定期接種として認可されている子宮頸がん予防ワクチンは下記の3種類となります。

〇「2価ワクチン(サーバリックス)」
〇「4価ワクチン(ガーダシル)」
〇「9価ワクチン(シルガード9)」

上記、3種類のワクチンから1種類を選んで、原則として同じ種類のワクチンで接種を完了することをお勧めします。

※ただし、2価または4価ワクチンで既に接種を開始している人については、医師と相談のうえ、途中から9価ワクチンに変更し、残りの接種を完了することも可能です。

定められた回数を接種することにより十分な予防効果が得られるため、きちんと最後まで接種することが重要です。

〇2価ワクチン(サーバリックス):2回目は1回目の接種から1月(1月以上)の間隔、3回目は1回目の接種から6月(5月以上)かつ2回目から2月半以上の間隔
〇4価ワクチン(ガーダシル):2回目は1回目の接種から2月(1月以上)、3回目は1回目の接種から6月(2回目から3月以上)の間隔
〇9価ワクチン(シルガード9):2回目は1回目の接種から2月(1月以上)、3回目は1回目の接種から6月(2回目から3月以上)の間隔

※ただし、小学6年生の学年から15歳の誕生日の前日(15歳未満)の人が9価ワクチン(シルガード9)を接種する場合、2回接種で接種を完了することも可能です。2回接種の場合の接種スケジュールは、6か月(最低5か月以上)の間隔をおいて2回接種となります。

※2価ワクチン(サーバリックス)、4価ワクチン(ガーダシル)、9価ワクチン(シルガード9)は、1年以内に3回の接種を終了することが望ましいとされています。

持ち物

予診票(指定医療機関に予診票を持参しない場合は接種できません。)

※予診票は1回分のみ郵送しています。使用後は未接種回数に応じて、接種前に指定医療機関より予診票を受け取ってください。

母子健康手帳等、過去の接種歴の分かるもの

※定期接種の対象者は、母子健康手帳を必ず持って行くようにしてください。

健康保険証、本人確認書類

接種費用

無料

※接種期間を過ぎて予防接種を受ける場合は、任意接種となり、1回あたり約17,000円~30,000円の自己負担が必要です。

接種方法

直接、下記の指定医療機関に予約して、接種してください。

令和6年度HPVワクチン指定医療機関一覧(令和6年7月現在)(PDFファイル:84.1KB)

※指定医療機関以外での接種を希望される場合は、必ず、接種する前に手続きが必要ですので、こども家庭課へご連絡ください。

詳しくは、下段の「定期予防接種の「接種依頼」及び「償還払い制度」について」をご覧ください。

定期予防接種の「接種依頼」・「償還払い制度」について(PDFファイル:144.6KB)

予防接種依頼書の交付申請書(PDFファイル:110KB)

※被接種者が18歳以上で、申請者と被接種者が異なる場合、委任状が必要となります。

委任状(PDFファイル:121.7KB)

HPVワクチンを任意接種された方への償還払いについて

平成9年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた女子のうち、HPVワクチンの積極的接種勧奨の差し控えにより定期接種の対象年齢を過ぎて機会を逃したため自費で接種した人については、規定の範囲内で接種費用を償還払いを実施します。

対象者 <下記1~4すべてに該当する人>

1.令和4年4月1日時点で泉佐野市に住民票があること。
2.16歳となる年度末までに3回の定期接種が完了していないこと。
3.17歳となる年度の初日から令和4年5月31日までに日本国内の医療機関で下記の任意接種を受け、実費を負担したこと。

・2価ワクチン(サーバリックス)

・4価ワクチン(ガーダシル)

・9価ワクチン(シルガード)

4.償還払いを申請する接種回数分について、令和4年6月1日以降にHPVワクチンのキャッチアップ接種を受けていないこと

申請期間

 令和4年7月1日~令和7年3月31日(キャッチアップ接種期間)

※可能な限り早めの申請をお願いします。

還付額

1回につき16,588円まで。(それ以上の金額は自己負担)

申請方法

「ヒトパピローマウイルス感染症にかかる任意接種償還払い申請書」(様式第1号)を記入し

下記提出確認書類とあわせてこども家庭課の窓口にて手続きをしてください。

申請書等を審査後、後日、指定された口座へ還付額を振り込みます。

※申請者(窓口に来所する人)が被接種者・保護者でない場合は、下記の委任状を添付してください。

・委任状(PDFファイル:286.5KB)

 

〇申請に必要なもの〇

1.「ヒトパピローマウイルス感染症にかかる任意接種償還払い申請書」(様式第1号)

※表・裏共に記入し、提出してください。

「ヒトパピローマウイルス感染症にかかる任意接種償還払い申請書」(様式第1号)(表)(PDFファイル:86.1KB)

「ヒトパピローマウイルス感染症にかかる任意接種償還払い申請書」(様式第1号)(裏)(PDFファイル:117.5KB)

2.療機関発行の「領収書」の原本(レシート不可)

(接種者氏名、接種年月日、領収金額、医療機関名等が確認できるもの)

3.HPVワクチンの接種記録が確認できるもの(母子健康手帳や接種済証、予診票の写し等)

※接種記録がない場合は、下記のHPVワクチンを接種した医療機関発行の「ヒトパピローマウイルス感染症にかかる任意接種償還払い申請用証明書」(様式第2号)を提出してください。

「ヒトパピローマウイルス感染症にかかる任意接種償還払い申請用証明書」(様式第2号)(PDFファイル:73.2KB)

4.振込先の口座番号等が確認できるもの(預金通帳等)

※振込先が申請者と異なる場合、「ヒトパピローマウイルス感染症にかかる任意接種償還払い申請書」(様式第1号)の委任状欄も記入してください。

5.被接種者の本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)

※申請者と被接種者が異なる場合は、双方の本人確認書類が必要です。

お問い合わせ CONTACT

こども家庭課(こども未来センター) <e-mail:kodomo@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2363~2366、2371~2379)
FAX番号:072-469-3363