全国中世荘園サミットin東京 中世荘園の世界 荘園絵図・史料と景観の魅力 開催しました

全国中世荘園サミットin東京 中世荘園の世界 荘園絵図・史料と景観の魅力

ご参加ありがとうございました。このイベントは終了しました。

 

 

昨年は全国中世荘園サミットin大阪を開催しましたが、今年は全国中世荘園サミットin東京を開催します。

荘園絵図や文献資料の舞台となった荘園故地。いくつかの荘園景観は、国史跡指定・重要文化的景観の選定を受け、日本遺産にも認定されています。サミットでは、残された絵図や史料を知るだけでなく、鎮守の神社等や祭礼等を継承する各地の荘園を実際に歩いて得られる情報をあわせることで、かつての中世社会を復元できる魅力を探ります。

 

開催日時

令和4年2月20日(日曜日)

13時00分~16時25分 12時30分開場

 

開催場所

AP渋谷道玄坂 GHIJルーム
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-6-17 渋東シネタワー 11F

 

コーディネーター

早稲田大学名誉教授 海老澤 衷 先生

田染荘・備中国新見・日根荘ほか多数の荘園・荘園遺跡の研究を行っていらっしゃいます。昨年の全国中世荘園サミットin大阪にもご参加いただきました。

 

 

パネルディスカッション

・荘園絵図と景観の魅力 早稲田大学教授 高木 徳郎 先生

・和泉国日根荘 公益財団法人静岡市文化振興財団 廣田 浩治 先生

・上野国新田荘 慶応義塾普通部 高橋 傑 先生

・豊後国田染荘 別府大学学長 飯沼 賢司 先生

・陸奥国骨寺荘 國學院大學教授 吉田 敏弘 先生

 

サミットの申込方法

WEBまたはファックスにてお申込みください。
WEB:https://izumisano-japan-heritage2022.com
ファックス:●参加される代表者の方のお名前 ●ご住所 ●連絡のつく電話番号
●参加人数を明記の上 ●ファックス:06-4797-9208 までお送りください。
いずみさの日本遺産講演会 運営事務局行き

日根荘大木の農村景観

日本遺産とは

「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。
ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。

 

日本遺産「日根荘」構成文化財

1.日根荘遺跡
2.日根荘大木の農村景観
3.犬鳴山
4.火走神社摂社幸神社本殿
5.慈眼院多宝塔
6.慈眼院金堂
7.総福寺鎮守天満宮本殿
8.日根神社末社比売神社本殿
9.慈眼院大日如来坐像
10.中大木地区木造薬師如来坐像及両脇侍像
11.七宝瀧寺銅鉢
12.七宝瀧寺絹本著色不動明王二童子四十八使者図
13.七宝瀧寺絹本著色尊勝曼荼羅図
14.七宝瀧寺絹本著色不動明王八大童子図
15.犬鳴山七宝瀧寺並びに大木村絵図
16.慈眼院木造棟札
17.湊遺跡出土烏帽子
18.慈眼院こけら経
19.大木火走神社秋祭りの担いダンジリ行事
20.日根神社まくらまつり
21.犬鳴山七宝瀧寺
22.土丸蓮花寺(蓮華寺)
23.土丸極楽寺
24.火走神社ホタキ神事
25.日根神社本殿
26.火走神社本殿
27.蟻通神社