令和4年5月15日は泉佐野市議会議員一般選挙の投票日です

任期満了(5月23日)に伴い、泉佐野市議会議員一般選挙が、令和4年5月15日に執行されます。

あなたの大切な1票でまちの未来が決まります。みんなそろって投票しましょう!

市議会議員選挙のお知らせ

投開票速報

下記のリンクよりご確認ください。(投票日当日(5月15日)午前8時以降にご覧いただけます)

選挙公報

選挙公報は、各候補者の政治信条などが簡単にまとめられており、有権者が候補者を選ぶ時の大きな拠りどころになります。投票日の前々日までに届いていない場合は、選挙管理委員会事務局へ連絡してください。

候補者情報

投票時間及び投票場所

投票時間:令和4年5月15日(日曜日) 午前7時から午後8時まで

投票場所:市内35ヶ所の投票所(下記一覧表のとおり)

投票所での新型コロナウイルス感染症対策について

有権者の皆様が安心して安全に投票していただけるよう、投票所での新型コロナウイルス感染症対策を実施しますので、ご理解・ご協力をお願いします。

開票

令和4年5月15日(日曜日)午後9時から

場所:J:COM末広体育館  大体育室(市民総合体育館   大体育室)

投票ができる人

平成16年5月16日までに生まれた人で、令和4年2月7日までに転入届をし、それ以降引き続き泉佐野市の住民基本台帳に記録されている人。

入場整理券を送付します

世帯全員分の入場整理券を同封して郵送します。

届かない場合や紛失した場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、投票所受付へ申し出てください。ただし、入場整理券が届いても投票日当日に選挙権がない人は、投票ができません。

また、入場整理券を本人以外の人が使用すると罰せられますので注意してください。投票所では本人確認のために「住所」、「氏名」、「生年月日」などをお尋ねすることがありますので、ご了承ください。

期日前投票について

投票日当日に、仕事、用事、旅行など(期日前投票事由に該当する場合)で投票所に行けない人は、あらかじめ期日前投票ができます。期日前投票所へ投票所入場整理券を持参(未着の場合は無くても可)してください。期日前投票では入場整理券裏面の「期日前投票宣誓書」に必要事項をご記入(あらかじめ自宅でご記入していただけます)のうえ提出してください。印鑑は不要です。

ただし、期日前投票を行おうとする日に、まだ選挙権を有しない人(例えば、投票日当日には18歳を迎えるが、期日前投票しようとする日にはまだ18歳に到達していない人)は、期日前投票することができません。これらの人は、従来の不在者投票制度で投票することになります。詳しくはお問い合わせください。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、期日前投票所の混雑を避けていただくため、過去に執行された選挙の投票状況をお知らせしています。詳しくは以下をご覧ください。

期日前投票所

◎市役所3階301会議室

◎泉佐野駅期日前投票所

南海本線泉佐野駅山側の、泉佐野市観光情報センター隣に開設します。

※泉佐野駅期日前投票所には駐車場及び駐輪場がありません。

投票期間

5月9日(月曜日)から5月14日(土曜日)までの6日間

投票時間

いずれの期日前投票所も

午前8時30分から午後8時まで

(施設や病院で不在者投票を行う場合は、午後5時まで)

不在者投票について

指定施設における不在者投票

不在者投票施設に指定されている病院や老人ホームなどの施設等に入院又は入所している人で、投票日当日に投票所へ行けない人は、その病院や老人ホームなどが不在者投票施設に指定されていれば、入院又は入所中の施設等で投票することができます。病院又は施設の事務所などに投票したい旨を申し出てください。泉佐野市内の不在者投票指定施設は以下のとおりです。

滞在地における不在者投票

出張や旅行などで遠隔地に滞在しているため、投票日当日に本市で投票できない人は、本市の選挙管理委員会から投票用紙の交付を受け、最寄りの選挙管理委員会で投票することができます。手続きについては下記のとおりです。

1.最寄りの選挙管理委員会で「不在者投票宣誓書・請求書」をもらう

※「不在者投票宣誓書・請求書」は、下記のリンクよりダウンロードできます。

2.必要事項を記入して「泉佐野市選挙管理委員会」へ郵送等で届ける

3.投票用紙が届く

4.最寄りの選挙管理委員会で投票する

※自宅など、選挙管理委員会以外の場所では投票できませんのでご注意ください。

※郵送などに日数がかかるため、早めに手続きしてください。

郵便等による不在者投票(郵便等投票)

身体障害者手帳または戦傷病者手帳の交付を受けている人で重度の障害がある人、および介護保険制度で要介護5の認定を受けている人は、郵便等による不在者投票ができます。

また、郵便等による不在者投票ができる人で、「自ら投票の記載をすることができない者」に該当する人は、「あらかじめ選挙管理委員会に届け出た者」(選挙権を有する人に限る)に投票に関する記載をさせることができます。(代理記載による投票)

投票には、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付が必要ですので、選挙管理委員会事務局に申請して交付を受けてください。また、すでに交付を受けている人でも、有効期限が過ぎている場合は早めに更新申請をしてください。

郵便等による不在者投票ができる人
障害等の区分 障害等の程度
身体障害者手帳 両下肢、体幹、移動機能 1級または2級
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸 1級または3級
免疫、肝臓 1級~3級
戦傷病者手帳 両下肢、体幹 特別項症~第2項症
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓 特別項症~第3項症
介護保険の被保険者証 要介護状態区分 要介護5
郵便等で代理記載による不在者投票ができる人
障害等の区分 障害等の程度(上肢または視覚)
身体障害者手帳 1級
戦傷病者手帳 特別項症~第2項症

新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等されている方へ(特例郵便等投票)

新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等している人で、一定の要件に該当する場合は、「特例郵便等投票」ができます。(濃厚接触者は特例郵便等投票の対象者ではありません。)詳しくは以下をご覧ください。

障害のある人のための制度

手話通訳者の派遣

投票日当日、聴覚または言語障害などにより言葉によるコミュニケーションが困難な人には、手話通訳者を派遣します。

希望者は投票日の1週間前までに選挙管理委員会事務局Fax(463-1100)、または直接申込をしてください。それ以降に申込をした場合は、派遣できないこともありますのでご了承ください。

係員がお手伝いします

投票所は既存の施設を使用しているため、バリアフリーになっていない施設もあります。スロープを設置するなど改善できる施設については順次改善を行っていますが、まだ改善できていない投票所については係員がお手伝いしますので、投票所の受付へ気軽に申し出てください。

点字投票・代理投票

視覚障害者は点字投票ができます。点字器や点字の候補者名簿などは投票所にあります。

また、身体に障害などがあるか、または文字の読み書きができないため、自ら投票用紙に記載することができない人は、代理の人が投票用紙に記載する代理投票の制度があります。投票所で代理投票を希望する人は、投票管理者にそのことを申し出ると、係員の中から2人の補助者が選任され、1人が選挙人の指示する候補者名を書き、もう1人が立ち会います。なお、誰に投票したかという秘密は厳守されます。

お問い合わせ CONTACT

選挙管理委員会事務局 <e-mail:senkan@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2351~2353)
FAX番号:072-463-1100