現在の場所

上下水道局

上下水道局の組織

部長のひとこと

上水道担当理事 植野 雅人

植野理事

令和2年度の目標

  • 老朽化した配水管について、官民連携の強化を図りながら、計画的に更新するとともに、医療機関や避難所等の重要給水施設への配水管の耐震化を優先的にすすめ、災害に強い水道を引き続き目指してまいります。

  • 浄水施設につきましては、今年度より2か年かけて耐震診断を実施し、その結果を踏まえて浄水施設の耐震補強計画を立案してまいります。

  • 耐震診断の結果、耐震性がないと判断された管理棟の一部について、耐震補強工事を実施してまいります。

  • 水道水質の安全性をより一層高めるため、給水区域の末端部に24時間リアルタイムで測定可能な給水水質モニターの導入を進めてまいります。

下水道担当理事 上野 康弘

上野理事

令和2年度の目標

  • 令和2年度より公営企業会計へ移行したことにより、将来にわたり安定的かつ持続的な運営を推進するため、令和3年度から10年間の、中長期的な経営の基本計画である「泉佐野市下水道事業経営戦略」の策定を行ってまいります。

  • 公共下水道の汚水整備については、今年度も引き続き、年約1.0%の下水道人口普及率を目標に、効率的な整備を進めてまいります。

  • 雨水整備については、浸水ポンプ設置など引き続き効果的な雨水整備を着実に進め、浸水被害の解消・軽減に努めるとともに、「ストックマネジメント計画」に基づいた、将来的に持続可能な施設の更新を行ってまいります。

  • 豪雨時の流出解析を行うことにより、新たな雨水管整備の計画及び内水ハザードマップの作成を行ってまいります。

ページトップへ