現在の場所

まちの安全・安心を守る

災害時に備えて

 泉佐野市では、大規模災害時用施設として、防災備蓄倉庫、飲料水兼用型耐震性貯水槽を整備しています。

防災備蓄倉庫

・防災備蓄倉庫

 平成12年3月、市の広域避難地である末広公園に完成。緊急災害時に備えて飲料水や食糧などを常時備蓄しています。
災害用物資として、アルファ化米等10,000食、高齢者用食250食、毛布1,200枚、簡易トイレ525個、飲料水(500ml)1,000本などを備蓄しています。

飲料水兼用型耐震性貯水槽

・飲料水兼用型耐震性貯水槽

 平成11年3月、末広公園に貯水容量約100トン(約1万人に3日間飲料水を供給できる容量)の貯水槽を設置しています。

災害時における協力協定

災害時における協力協定  地震や台風などによる大規模災害が発生した場合、食糧・日用品などの物資や緊急避難場所などの不足が予測されます。泉佐野市では、民間企業等と災害時における各種協力協定を締結し、大規模災害に備えています。

火災・救急・救助は119番~泉州南広域消防組合~

泉佐野市消防本部

 泉州南広域消防組合では、24時間体制で市民のみなさんの通報に対応しています。
 火災や救急・救助などの災害は、素早い通報がとても重要です。火災などを発見した場合は、すぐに「119番」通報してください。

ページトップへ