現在の場所

社会福祉施設等における災害への備えについて

 平成30年度の大阪府北部地震を震源とする地震や台風被害など、近年、大阪府内においても、大規模な災害が発生しているところです。社会福祉施設等においても、利用者への支援等の重要な事業を中断させないため、BCP(事業継続計画)や地震防災対策マニュアルの策定、避難訓練の実施など、災害への備えが重要となります。

 下記のとおり、災害への備えに関し、施設等が求められる内容や根拠法等をまとめていますので、資料をご確認いただき、施設等での点検をお願いします。

防災情報を5段階の「警戒レベル」により提供されます

 平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン」が改正され、これまで「避難勧告」「避難指示」「避難準備」の用語により発令されていましたが、避難のタイミングを明確化するため、「警戒レベル」を数字で表示されることになりました。

 社会福祉施設等の管理者におかれましては、避難を開始する時期、判断基準が利用者の状態、職員数や設備等の施設状況(日中と夜間では対応できる職員数が違う等も留意)を踏まえて算出した避難にかかる時間に照らして、適切なものかどうか、今一度確認をお願いします。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ
広域福祉課 <e-mail:koufuku@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:
(直通)072-493-2023
(代表)072-463-1212(内線2472~2475)
FAX番号:072-462-7780

ページトップへ