現在の場所

市長公室

市長公室の組織

部長のひとこと

政策監(兼)市長公室長 道下 栄次

市長公室長

平成29年度の目標

 「泉佐野市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に沿って、定住促進策や人口減少対策などの各施策の評価・検証を行い、より効果的な施策の拡充を図ってまいります。また、こうした地方創生の観点を踏まえて、平成30年度の第5次泉佐野市総合計画の策定に向けて準備してまいります。
 一方、行財政運営においては、中期財政計画に基づいて、定員適正化、業務委託化の推進をはじめ、財政健全化の取組みを引き続き実施していくとともに、今年度は新地方公会計制度を導入し、より効果的・効率的な行財政運営を図るべく取り組んでまいります。

政策推進担当理事
(兼)統合型リゾート誘致担当理事 本道 篤志

政策推進担当理事

平成29年度の目標

  • 関西国際空港はインバウンド効果によりLCCを中心に便数、旅客数とも大幅に伸びており、昨年からコンセッションによる本格的な民間運営がスタートしました。本市もこの好調な流れに乗り、空港とともに発展していくまちづくりをさらに推進してまいります。
  • りんくうタウンは国際医療交流拠点として、地域活性化総合特区に指定されているところですが、昨年その中核施設となる医療施設が完成し、拠点づくりから事業展開へと進めてまいります。
     また、「りんくうタウン歩き愛です」などの事業を展開することにより、にぎわいづくりを図ってまいります。
  • 近隣の市町やGS世代研究会の他府県の自治体と連携し、広域的な施策を推進してまいります。

成長戦略室成長戦略担当理事
(兼)統合型リゾート誘致担当理事 中平 良太

成長戦略担当理事

平成29年度の目標

  • 将来にわたって成長が見込め、経済効果をもたらすと想定される分野へ積極的、計画的に取り組んでまいります。
  • 地域経済の活性化に期待されている、ホテル、にぎわい施設、企業等の誘致に取り組んでまいります。
  • 関西国際空港の玄関都市のポテンシャルを活かした国際観光産業振興に効果が期待できる、「統合型リゾート(Integrated Resort)」の誘致に、IR実施法案の動向を見極めながら取り組んでまいります。併せて、MICE(マイス:国際会議や展示会等の総称)誘致にも取り組んでまいります。
  • ふるさと納税は市の貴重な税外収入となるばかりでなく地元名産品のPR・販売促進にもつながっています。本年度もさらにご寄附をいただけるよう取組みを強化してまいります。
  • にぎわいづくりに関するプロジェクトに取り組んでまいります。

成長戦略室官民連携推進担当理事
(兼)統合型リゾート誘致担当理事
(兼)生活産業部環境エネルギー担当理事 甲田 裕武

成長戦略担当理事

平成29年度の目標

  • りんくうタウンにおいて、「スケートリンクを核としたまちづくり」を官民連携のもと推進してまいります。
  • りんくうタウン駅ビルの適正な管理運営と活性化に努めてまいります。
  • (仮称)一般財団法人泉佐野ガスを設立し、まずは公共施設に供給してまいります。

窓口民営化担当理事
(兼)総務部マイナンバーカード活用担当理事
(兼)市民課長
(兼)生活産業部キャッシュレス推進担当理事 西納 久仁明

窓口民営化担当理事

平成29年度の目標

  • 市民サービスの更なる向上に向け、窓口業務委託の集約化等も検討し、効果的効率的な行政運営と、円滑な窓口サービスに努めてまいります。
  • 今秋実施を予定している地域通貨(ポイント)システムにより、市民の方々の積極的な市政への参加と、市内商店街等への誘導を促すことによる地域経済の活性化を図ってまいります。

市民協働担当理事 竹内 一郎

市民協働担当理事

平成29年度の目標

  • 大防災訓練の実施、国土強靭化地域計画の策定、消防団活動の充実強化、避難所への防災倉庫の整備、防災士資格取得支援等を進めると共に、LED防犯灯や防犯カメラの設置支援、青色防犯パトロールの拡充実施等により、安心安全なまちづくりを推進してまいります。
  • 国際都市宣言に基づく国際化・国際交流事業等の実施をはじめ、ウガンダ共和国グル市等との友好都市提携を進めると共に、2020年東京五輪パラリンピックのホストタウン事業や栃木県佐野市との国内都市交流を実施してまいります。
  • 早朝駅前広報活動による行政情報の発信、「まちレポ泉佐野おせチョ~」による行政課題への迅速な対応、ドローン活用等による市の魅力発信に努めてまいります。
  • 町会・自治会活動促進袋配付事業支援の継続等により、町会加入率の向上に努めてまいります。

市長公室理事 吉村 昭彦

消防調整担当理事

平成29年度の目標

 平成25年度から本市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町、岬町の3市3町を構成員とする泉州南消防組合が、管轄人口約29万人を抱える広域消防本部として、消火、救急、救助など休みなく活動を行っているところです。平成29年度は、広域における消防署の再編を推進し、効率的・効果的な消防配備を行い、住民のみなさまの生命・財産を守る消防事業の推進につなげてまいりたいと存じます。

人権推進担当理事 中下 栄治

人権推進担当理事

平成29年度の目標

  • 「泉佐野市民の人権に関する意識調査」を広く市民に広報・啓発するとともに、人権侵害や差別意識の解消に向け、人権啓発や相談事業に取り組みます。さらに、市民の方々の人権意識の高揚に努めてまいりますとともに、身元調査の防止策として「本人通知制度」の周知並びに登録を推進してまいります。
  • 市民交流センターの耐震改修工事を進め、市民のコミュニティ活動の場として、公民館機能の追加や、青少年活動の拠点整備など、さらなる効果的・効率的な運営ができるよう、指定管理者と連携してまいります。
  • 男女共同参画まちづくり条例が策定されたことにより、DVやセクシュアル・ハラスメントなどの相談・防止をより一層、進めてまいります。

ページトップへ