現在の場所

特定個人情報保護評価について

特定個人情報保護評価とは

 行政機関等が特定個人情報ファイルを保有する前に、特定個人情報の漏洩その他のリスクを分析し、このようなリスクを軽減するための措置として、どのような事務でどのような目的のために特定個人情報ファイルを取り扱うのか、個人のプライバシー等の権利利益の保護のためにどのような措置を講じているのかを具体的に評価書に記載し、公表する仕組みです。

※「特定個人情報」とは、個人番号(マイナンバー)をその内容に含む個人情報をいいます。

 

特定個人情報保護評価の実施方法

 行政機関等は、特定個人情報ファイルの対象人数、取扱者数、過去1年以内における特定個人情報に関する重大事故の発生の有無に基づく、「しきい値判断」を行い、その結果に基づき、実施が義務付けられる基礎項目評価、重点項目評価、全項目評価のいずれかの評価を実施します。

 

フロー図

 

※詳しくは、「特定個人情報保護委員会・ホームページ」をご覧ください。

特定個人情報保護評価書の公表について

 特定個人情報保護評価書については、以下のリンク先で公表されています。

 マイナンバー保護評価Web

 ※評価実施機関名を、「泉佐野市長」で検索してください。

ページトップへ