現在の場所

市民協働部

市民協働部の組織

部長のひとこと

政策監(兼)市民協働部長 吉村 昭彦

吉村部長

平成31年度の目標

  • 町内会・自治会活動をはじめ広く地域コミュニティの活性化を図ってまいります。
  • 国際都市宣言に基づき、海外の友好都市との交流や拡大などを進めながら、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のホストタウンとして、モンゴル国ウガンダ共和国の選手団の受入準備を進めます。
  • 引き続き泉佐野警察署と連携を図り、青色防犯パトロールの実施、防犯カメラ設置をすすめ、安全なまちづくりの推進に努めてまいります。
  • ケーブルテレビの行政情報番組の放送などメディアを活用し、市民のみなさまとの情報共有に努め、市民参加を促進するように進めてまいります。

危機管理室危機管理監 木内 利昭

木内監

平成31年度の目標

  • 市民の生命と財産を守るため、昨年の台風21号をはじめ災害の教訓を生かし、防災に関する様々な分野の施策を総合的かつ計画的に進め、災害に強い強靭なまちづくりを進めてまいります。
  • 地域の防災拠点となる避難所に備蓄物資や資機材の配備を進めるとともに、災害時に支援の必要な方に対して、「地域の絆づくり登録制度」を活用し、町会や自主防災組織など多くの市民の皆さまと連携し、協働による支援体制の整備を図ってまいります。
  • 市民一人ひとりの防災意識の高揚を図るとともに、自助・共助の体制充実を図るため、11月3日の「市民防災の日」に「大防災訓練」として、市域全体で、タオルを使った安否確認訓練や避難訓練等を行います。

市民協働部理事 峯 和弘

峯理事

平成31年度の目標

  • 泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町、岬町の3市3町(人口規模約29万人)を管轄区域とする泉州南消防組合の広域消防本部に配属となり、消防事務の執行管理を担当します。
    泉州南消防組合が行う事務のうち、
    ・監査、公平、行政不服、情報公開等、行政委員会に関する業務
    ・契約に関する業務
    ・各種計画策定に関する業務
    等について、本市との連携を密にして、適正な執行に努め、消防行政の広域的な推進の一翼を担ってまいります。
     

人権推進担当理事 中下 栄治

中下理事

平成31年度の目標

  • 泉佐野市人権対策本部の活動方針及び泉佐野市人権教育推進計画に基づき、人権侵害や差別意識の解消に向け、人権啓発や相談事業に取り組みます。さらに、市民の方々の人権意識の高揚に努めてまいりますとともに、身元調査の防止策として「本人通知制度」の周知並びに登録を推進してまいります。
  • 公民館機能の追加や青少年活動・国際交流活動を充実させるための複合施設として、昨年リニューアルした南北両市民交流センターを泉佐野市の人権文化の発信拠点として、また総合的な市民コミュニティ活動の場として、さらなる効果的・効率的な運営ができるよう、指定管理者と連携してまいります。

市民協働部理事 大垣 昌紀

大垣理事

平成31年度の目標

今年度から、平成30年7月豪雨で被災した東広島市に、復興支援のため派遣職員として配属されております。東広島市では、この記録的な豪雨により、水害・土砂災害が多く発生し、これまでに経験のない人的被害や、家屋やインフラなどに対して甚大な被害がもたらされました。今年度は「平成30年7月豪雨災害復旧・復興プラン」に基づき、一日も早い復旧・復興と安心して暮らせるまちづくりの実現に向け、インフラの災害復旧事業の推進に取り組んでまいります。

ページトップへ