現在の場所

平成27年6月1日より悪質・危険な自転車運転者に対して講習の受講が義務付けられます

 平成27年6月1日より道路交通法の一部が改正され、信号無視など危険行為として3年以内に2回以上摘発された悪質自転車運転者に対して、公安委員会の命令による「自転車運転者講習」の受講を義務づけた道路交通法が施行されます。

 なお、公安委員会による受講命令に従わなかった場合には、「5万円以下の罰金」に処せられます。

 自転車の危険行為として具体的な取締りの対象となるのは、歩行者や周囲の交通に著しい危険をもたらす次の14項目です。いずれも悪質で危険な行為であるので絶対にやめましょう。

  • 信号無視
  • 通行禁止違反
  • 歩行者用道路における車両の義務違反
  • 通行区分違反
  • 路側帯における通行方法違反
  • しゃ断踏切立入り
  • 優先道路通行車妨害等
  • 交差点優先車妨害等
  • 環状交差点通行車妨害等
  • 指定場所一時不停止
  • 歩道における通行方法違反
  • 制動装置不良自転車運転
  • 酒酔い運転
  • 安全運転義務違反

 

 自転車による事故は、刑事上の責任だけでなく、民事上も高額賠償責任を問われるケースが増えています。

 一例として、平成25年7月神戸地裁において、自転車に乗っていた当時小学5年生の児童が、前方不注意により62歳女性と正面衝突し、女性が意識不明となった事故に対して、9,520万円の損害賠償を命じる判決が出されました。

 交通事故は、被害者やその家族はもちろん、加害者側も大きな責任と負担、精神的な苦痛を受けることになります。自転車に乗る時は、交通ルールとマナーを守って交通事故を起こさないように注意しましょう。

 また、もしもの時に備えて自転車保険の加入について一度ご家族でご検討ください。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ
道路公園課 交通対策係 <e-mail:koutsu@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2232、2236)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ