成長戦略室

成長戦略室の組織

部長のひとこと

政策監(兼)成長戦略室長 (兼)MICE推進担当理事 阪上 博則

阪上室長

令和4年度の目標

  • 私は、昨年新設された成長戦略室の二課(ふるさと創生課、おもてなし課)と東京事務所を担当しております。
  • ふるさと創生課 (税外収入担当)では、ふるさと納税、企業版ふるさと納税、ネーミングライツ、有料広告事業などを所管しており、ふるさと納税につきましては、一昨年リリースした企業誘致や市内事業者のスタートアップを支援する「#ふるさと納税3.0」を昨年度よりバージョンアップさせ取り組みを強化しました。引き続き、新たな産業、新たな地場産品の創出、さらには地域のあらゆる産業の活性化にも取り組んでまいります。
  • また、企業版ふるさと納税につきましては、民間ポータルサイトと連携するほか、企業情報に基づき本市の取り組みにご賛同くださる企業に支援要請をする営業活動など、引き続き積極的に取り組んで参ります。あわせてネーミングライツ及び有料広告事業についても積極的な営業活動を行ってまいります。
  • おもてなし課 (官民連携担当)では、企業誘致、国際観光振興、MICEなどを所管しており、ポスト、WITHコロナを意識し、MICEやビジネス、ヘルス、ラグジュアリーなど空港都市ならではのツーリズムのハード・ソフト整備を進めてまいりますともに、インバウンド依存から脱却し新たなる地場産業創出をめざし、空港都市機能を活かした産業用地開発・企業誘致を進めてまいります。
  • また、大阪観光局よりMICEエリアとして、関空とりんくうタウンを中心とした地域が「KIXりんくうエリア」として新たに選出、関係者参画のもと誘致の情報共有や役割分担し、エリア主導で活動する組織「KIXりんくうエリアMICE」を立上げて運営してまいります。
  • そのほか、将来にわたって成長が見込め、まちに経済効果をもたらすと考えられる分野に積極的に取り組んでいくとともに、市民の皆様がまちに誇りをもっていただけるようなプロジェクトにも積極的に取り組んでまいります。

企業誘致担当理事 (兼)MICE推進担当理事 大垣 昌紀

大垣理事

令和4年度の目標

  • 旧泉佐野コスモポリス用地の未整備部分を産業集積用地化し、企業誘致することで、本市の新たな産業拠点を創出し、地域資源との連携により地域経済の活性化を図り、持続可能なまちづくりを進めてまいります。
    本年度は、引き続き関係機関との調整協議を行い、事業者選定や土地区画整理事業の計画策定など、早期事業化に向けた取り組みを行ってまいります。
  • ポスト・WITHコロナを見据え、空港都市としての立地の優位性を活かし、りんくうタウンを中心とした地域の更なる活性化に向け、企業誘致、MICE誘致など、経済効果を高める取り組みや、賑わいづくりに努めてまいります。

官民連携推進担当理事 (兼)MICE推進担当理事 (兼)生活産業部環境エネルギー担当理事 甲田 裕武

甲田理事

令和4年度の目標

  • フィギアスケートのナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設である関空アイスアリーナにおいて、新たにアスリートのトレーニング棟の増築に取り組むとともに、地元貢献としての公開練習等の実現に努めてまいります。
  • 地域における再生可能エネルギーのポテンシャルや将来のエネルギー消費量などを踏まえ、再生可能エネルギーの種類ごとの導入量や利用量の目標を定める「再生可能エネルギー導入計画」の策定に取り組んでまいります。
  • 並行して、脱炭素社会の実現に向けた取り組みの第一段として、木質バイオマスガスを活用した発電施設の具体化に向け、検討を進めてまいります。

大阪万博担当理事(兼)りんくうタウン活性化担当理事 (兼)MICE推進担当理事 新谷 洋史

新谷理事

令和4年度の目標

  • 開催まで3年を切った大阪・関西万博について、機運醸成に努めるとともに、開催期間中に本市域で実施する取り組みに向けて準備を進めてまいります。
  • りんくうプレミアム・アウトレットとの包括連携協定に基づく連携をはじめ、ポストコロナを見据えた、りんくうタウンエリアの活性化を図ってまいります。
  • りんくうタウン駅ビルについては、PCR検査センター、抗体量検査センターを引き続き設置するとともに、eスポーツ拠点を整備し、効果検証事業を実施します。
  • 泉佐野市東京事務所を活用し、首都圏における本市のシティプロモーションに努めてまいります。

成長戦略室ふるさと納税担当理事(兼)MICE推進担当理事(兼)ふるさと創生課長 塩見 健

塩見理事

令和4年度の目標

  • 私はふるさと創生課が所管する、ふるさと納税、企業版ふるさと納税、ネーミングライツなど、税金以外の収入を得るための施策を中心に担当させていただくことになりました。
  • ふるさと納税は、全国の寄附者様からの直接的な寄附による支援を募るとともに、ふるさと納税型クラウドファンディングによる企業誘致や市内事業者のスタートアップを支援する「#ふるさと納税3.0」を取り組むことにより、新たな産業、新たな地場産品の創出はもちろん、地域のあらゆる産業の活性化にも取り組んでまいります。
  • 企業版ふるさと納税の新たな取り組みとして、泉佐野産等の地場食材を購入し、全国のこども食堂にお届けすることで地場食材等をPRする「泉佐野産等の普及を通じた子どもの未来応援プロジェクト」をスタートさせます。企業情報に基づき本市の取り組みにご賛同くださる企業に支援要請をするなど営業活動も含め積極的に取り組んで参ります。あわせてネーミングライツや有料広告についても、積極的な営業活動を行ってまいります。
  • そのほか、将来にわたって成長が見込め、まちに経済効果をもたらすと想定される分野に積極的に取り組んでいくとともに、市民の皆様がまちに誇りをもっていただけるようなプロジェクトにも積極的に取り組んでまいります。

成長戦略室理事 木村 圭介

木村理事

令和4年度の目標

  • 2025年日本国際博覧会(略称「大阪・関西万博」)開催に向け、(公社)2025年日本博覧会協会へ出向し、万博開催に向けた準備に国、大阪府・市、民間企業等の方々とスクラムを組みながら、成功に向けた準備に取り組んでまいります。
  • 「大阪・関西万博」のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現に向け、
    Peoples Living Lab(未来社会の実験場)というコンセプトのもと、世界との共創、テーマ実践、未来社会ショーケースに取組み、未来への希望を世界に示す万博となることをめざしてまいります。
  • また、万博の機運醸成や参画について本市と連携してまいります。