現在の場所

食中毒は家庭でも発生します!

食中毒というと、飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。
家庭での発生では症状が軽かったり、かぜや寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかない例もあります。
食中毒予防の3原則は、食中毒菌を「つけない・増やさない・やっつける」です。

  • つけない基本は「手洗い」と「食材の仕分け」
    調理の前後は必ず手洗いをしましょう。
    また買い物をした後や冷蔵庫内では、食品の肉汁や魚などの水分が漏れないようにビニール袋などにそれぞれ分けて包みましょう。
  • 増やさない基本は「常温で長時間放置しない」
    購入したらすぐに持ち帰り、冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
  • やっつける基本は「加熱」
    肉などは、中までしっかり熱を通しましょう。
お問い合わせ
健康推進課 <e-mail:hoken-c@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2311~2318)
FAX番号:072-461-4571
※保健センターは健康推進課に名称変更して市役所3階に移転しました。

ページトップへ