現在の場所

まち・ひと・しごと(地方創生)

泉佐野市まち・ひと・しごと創生総合戦略について

日本の人口は平成20(2008)年に初めて減少に向かい、今後は若年人口の減少と老年人口の増加が加速度的に同時進行していくため、2040年代には毎年100万人が減少していくと推計されています。

特に生産年齢人口の減少により経済活動規模は縮小せざるを得ず、また高齢者の増加に伴う社会保障費の増加と相まって経済社会に多大な影響を及ぼすことになります。

政府は平成26年(2014年)12月に、国と地方が総力を挙げて地方創生と人口減少に克服に取り組むための指針となる「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と地方創成を目指す施策の基本的な方向や具体的な施策をまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定しました。

これを踏まえ、本市のめざすべき将来の方向性や人口の中長期展望となる「泉佐野市人口ビジョン」及び今後5か年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「泉佐野市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

この総合戦略等は、外部有識者で構成する泉佐野市まち・ひと・しごと創生総合戦略会議での審議や市議会への報告、パブリックコメントを経て、平成27年10月に策定しましたので公表いたします。

 

泉佐野市人口ビジョン及び泉佐野市まち・ひと・しごと創生総合戦略

ページトップへ