現在の場所

平成28年度全国学力・学習状況調査分析結果

平成28年度全国学力・学習状況調査の分析について

 平成19年度から文部科学省が実施してきました「全国学力・学習状況調査」は、平成26年度に実施要領が変更され、教育委員会における市町村・学校の結果公表の取扱いについて、「調査結果の公表に関しては,(中略)調査により測定できるのは学力の特定の一部分であることなどを踏まえるとともに、序列化や過度な競争が生じないようにするなど教育上の効果や影響等に十分配慮することが重要である。」としています。このことを踏まえ、本市教育委員会におきましては、実施要領に定める配慮事項に十分留意した上で、個々の学校名を明らかにした調査結果の公表を平成26年度から行うこととしました。

 この調査は、小学校6年生と中学校3年生の児童生徒を対象とし、平成28年度は、学力に関しては、小学校で国語、算数、中学校で国語、数学の調査が行われ、併せて児童生徒の学習や生活の状況、学校の取組みに関する調査も行われました。

 本市においては、抽出調査となった平成22年度以降も、全国や大阪府の学力・学習状況調査に全小中学校が参加し、その調査結果の分析を行い、具体的な施策や取組みに生かしています。また、平成26年度からは、市全体の分析と併せて、各学校の平均正答率及び分析結果を公表しています。

 今年度の本市の学習状況調査の分析からは、小・中学校に共通する項目として「自学自習等に関する項目」で全国との差がより開いており、これらを中心に今後の課題として授業改善等を進めていく必要があります。また、成果としまして、「授業に対する意識」では「めあての提示・ふりかえり活動」の実施について全国との差がほとんどなくなっております。

 最後になりましたが、「いずみさの教育文化運動」も8年をむかえ、本年12月には、第8回「教育フォーラム」を泉佐野市PTA連絡協議会と共催で開催いたします。学校・園における授業・保育づくりの研究や人間関係づくりの研究など、学力向上のための取組みや実践の様子について発表します。

 これからも、教育行政ならびに学校・園の教育活動にご理解とご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

平成28年11月

泉佐野市教育委員会

教育長 奥 真弥

全国学力学習状況調査 分析結果【泉佐野市】

全国学力学習状況調査 分析結果【小学校】

全国学力学習状況調査 分析結果【中学校】

お問い合わせ
学校教育課 <e-mail:g-kyouiku@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2331~2335)
FAX番号:072-469-5267

ページトップへ