現在の場所

散歩中の犬フンは持ち帰り、正しく捨てましょう

 

 犬を散歩させるとき、ほとんどの飼い主さんはフンを持ち帰っています。

 でも、なかにはそのままフンを路上に放置したり、最近は、よそのごみ置場にそのまま捨てていく人がいて、とても不衛生で、周辺の方やごみの収集員に迷惑をかけています。

犬のフンお断り

 散歩中のフンを持ち帰るのは飼い主さんの責任です。

   フンの放置は、泉佐野市環境美化推進条例により禁止されています。違反者には過料が科されることがあります。

   必ず、ご自宅まで持ち帰りましょう。

  また、ノラ猫に餌をやる方がおられます。

  喜ぶ猫を眺めるのは、とてもかわいくて心やすらぐものです。

  しかし、集まってきた猫のフン尿や鳴き声は、周囲の住民にとって、たいへんな苦痛で負担になっています。

  みだりに餌をあげることはやめましょう。

 

 犬や猫などペットのフンは、古新聞などで包んだあと、ビニール袋に入れ、少量であれば、ほかの可燃ごみといっしょに処理できます。

 週2回の可燃ごみの日に、必ずご自宅の生ごみと一緒に市指定袋に入れて出してください。

 マナーを守り、みなさんの協力で清潔なまちをつくりましょう。

お問い合わせ
環境衛生課 <e-mail:kankyou@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2281~2288)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ