現在の場所

鳥獣捕獲・飼養登録

鳥獣捕獲について

鳥獣保護法

正式名称は「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」といい、鳥獣保護事業計画、鳥獣の捕獲等の規制、鳥獣等の飼養・販売等の規制、鳥獣保護区、狩猟免許・登録などに関する制度、その他(雑則・罰則)について定められています。

有害鳥獣捕獲の基本的考え方

有害鳥獣の捕獲は、鳥獣による生活環境、農林水産業又は生態系に係わる被害が、現に生じているか又はそのおそれのある場合にその被害の防止及び軽減を図るために行うものとします。また、捕獲は原則として被害防除対策によっても被害等が防止できないと認められるときに行います。

 

 許可期間  狩猟期間(11月15日~2月15日)及びその前後15日間を除いた期間
 必要な書類等  鳥獣捕獲許可申請書、印鑑、被害状況写真等
 注意事項  捕獲許可を受けた方は、捕獲後に完了の報告が必要です。

野生の鳥獣をむやみに捕獲することは法律で禁じられています。個人で捕獲したい場合には許可が必要ですので、ご相談下さい。

狩猟期間にハイキングや山仕事で山に入られる際は、狩猟による事故を防ぐため以下の点にご注意してください。

  • 不慮の事故を防ぐため、明るく目立つ服を着用しましょう。
  • ラジオや鈴など音の出るものを携帯し、狩猟者に自分の存在を気付かせましょう。
  • 「わな」を見つけた場合は、危険ですので絶対に近づかないでください。

メジロの捕獲許可・飼養登録について

 平成24年4月1日より、大阪府内ではメジロを愛玩のために捕獲することはできません。

 ただし、すでに飼養登録されている方に限り、これまで通り、登録の更新を行うことができます。その場合は、毎年手続きを行ってください。

 
飼養登録手数料 3,400円

※毎年、登録の更新申請、手数料の支払いが必要です。

 

お問い合わせ
農林水産課 <e-mail:nousui@city.izumisano.lg.jp>
電話番号:072-463-1212(内線2201~2207)
FAX番号:072-464-9314

ページトップへ