現在の場所

中小企業総合支援制度

~重要なお知らせ

中小企業総合支援補助金(利子補給金・保証料補助金・中小企業退職金共済制度加入促進補助金)の申請を希望される方は、必ず申請期間までに経営相談を済ませてください。

注意 : 経営相談を受けずに中小企業総合支援補助金の申請はできません。

 【申請受付期間】

  平成30年2月1日(木)~28日(水)まで (期間厳守)

 

 【経営相談】

  相談日及び相談時間については、下記の「経営相談について」をご覧ください。

 

 

 

 

中小企業総合支援制度とは?

これまで中小企業支援策の一環として「中小企業振興資金利子補給制度」及び「中小企業退職金共済加入促進補助金制度」を実施しておりましたが、長引く景気の低迷の中、深刻な影響を受けている中小企業者の経営基盤の安定を総合的に支援するため、平成25年度から「中小企業総合支援制度」として中小企業者の支援を行っています。                              従来の制度は、国・府・市・その他の機関の支援策を、中小企業者自身で情報収集し、選択するという形でしたが、新制度は専門的知識やさまざまな情報を保有する機関でまず経営相談を受け、個々に異なる中小企業者のニーズや経営状況を総合的に判断し、中小企業者に最も適した支援策を提供することで、より効果的な支援をワンストップで行います。

中小企業総合支援補助金の内容

※補助メニューは、一事業所につき一種類のみ利用できます。

 (1)中小企業振興資金利子補給金

   事業資金の返済利子の一部を補給します。

(2)小企業振興資金保証料補助金

   融資を受ける時に支払う信用保証料の一部を補助します。

(3)小企業退職金共済加入促進補助金

   中小企業退職金共済制度に加入している事業所に対して、国の補

        助に加えてその掛金の一部を補助します。

補助対象事業者

下記のいずれにも該当していることが条件となります。

 (1)市内に居住し、かつ市内で事業を営んでいる中小企業者。法人の場合は、市内に本社所在地を有している中小企業者

(2)市税〔住民税(法人市民税を含む)、固定資産税(償却資産分を含む)、都市計画税、軽自動車税〕を滞納していないこと。 

各補助メニューの詳細

中小企業振興資金利子補給金

(注)平成28年度については、平成28年1月から12月までの返済分が利子補給の対象になります。

・補給期間・・・融資の実行日より5年以内

・ 対象限度額・・・1000万円(当初借入額に対して。但し、当初借入額が1000万円を超える場合は、1000万円に換算し、それ以下の場合は借入額が対象限度額になります)

・補給利率・・・ 融資利率の1/2(ただし5万円を上限とする)

・補給対象期間・・・融資実行日から5年以内

 

中小企業振興資金保証料補助金

・支払った保証料の1/2の額(ただし、10万円を上限とする)

※一年度一事業者につき1回限り(当該補助の適用を受けた場合は、市が実施する他の「中小企業総合支援補助金」は3年間適用されません。)

※基準日が属する年の1月1日から基準日までの間に借り受けた対象融資にかかる保証料が対象になります。

 

【利子補給と保証料補助の対象融資】 

融資の種類

利子補給

保証料補助

日本政策

金融公庫

マル経融資(小規模事業者経営改善資金)

 

生活衛生改善貸付(生活衛生関係営業経営改善資金特別貸付)

新企業育成貸付

大阪府

制度融資

 

開業サポート資金

小規模企業サポート資金

  ○ 

チャレンジ応援資金

  ○ 

経営安定サポート資金

  ○ 

  ※利子補給については、資金使途に「設備」が含まれる融資に限る。

 

中小企業退職金共済加入促進補助金

・基準日(12月31日)において、常時雇用する従業員数が30人以下であること。

・補助の期間・・・事業主が契約した日の属する月から3年以内

・補助率・・・10%

・補助対象掛金月額・・・掛金(月額)5000円を限度とする。(ただし、5000円を超える場合は、5000円になります。)

申請のながれ

(1)

市(まちの活性課)に経営相談を申込みます。

                   ↓ 

原則として、希望する相談日の前日までに

(2)

経営相談では、相談者の経営状況やニーズを踏まえて、国府市等が実施する各種支援施策の中から最も適した支援施策を提案します。

                   ↓

 

(3)

泉佐野市が実施する「中小企業総合支援補助金」を利用する場合は、必要書類をそろえて市(まちの活性課)に申請をします。

                   ↓

2月1日から2月末日(末日が土日祝日の場合は、翌開庁日)までの間に申請してください。

(4)

市は、提出いただいた申請書類等を元に審査、交付決定を行います。

                   ↓

3月下旬

(5)

決定した金額を指定された口座(本人又は法人名義に限る)に振り込みます。

4月下旬

 ※12月及び1月は経営相談が混み合うおそれがありますので、早めに経営相談を受け、申請に必要な書類の準備をしてください。                                                       

申請に必要な書類

(1)泉佐野市中小企業総合支援補助金交付申請書 (様式第1号)

(2)泉佐野市中小企業総合支援補助金交付(概算払)請求書 (様式第3号)

(3)申請関係書類別紙                                                                                                                             

(4)添付書類・・・・申請する補助金によって変わります。

   【利子補給】

      ・返済予定表

      ・返済証明書

      ・保証決定の写し(大阪府制度融資を受けている方のみ)

      ・未納の税額がない証明

   【保証料補助】

      ・保証決定の写し

      ・確定申告書の写し又は開業届の写し

      ・保証料の払込がわかる書類

      ・未納の税額がない証明

     【中小企業退職金共済加入促進補助金(中退共)】

      ・掛金の払込がわかる書類

      ・未納の税額がない証明

経営相談について

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ
まちの活性課 <e-mail:kankou@city.izumisano.lg.jp>
住所:〒598-0007 泉佐野市上町3丁目11-48
電話番号:072-469-3131
FAX番号:072-463-1827

ページトップへ