総務部

総務部の組織

部長のひとこと

政策監(兼)総務部長 (兼)上下水道局理事 長尾 讓治

長尾部長

令和4年度の目標

  • 「職員基本条例」の適正な運用により効率的な公務の執行をめざし、市民から信頼される職員の育成に努めます。
  • 税の公平な負担に努めるとともに「泉佐野市債権管理条例」に基づき、市の債権の適正な管理に努めます。
  • 適正な情報公開制度の運用に努めます。
  • 誰もが「わかりやすいまちづくり」をめざして住居表示を進めてまいります。
  • 住民票等の写しの不正受給による個人の権利侵害を防止するため、本人通知制度事前登録者の拡大に努めます。

デジタル化推進担当理事(兼)総務課長 新原 康宏

新原理事

令和4年度の目標

  • デジタル技術を駆使した住民本位の行政サービスの実現として、「書かない、待たない、行かない窓口」として申請ポータルサイトの構築を行ってまいります。
  • また、デジタル変革による無駄な時間を感じないスマート行政の徹底により、誰一人取り残さず、子どもから高齢者まで、「生活の質の向上」を実感できる行政サービスの提供に努めるとともに、職員一人ひとりが、デジタル変革を推進しデジタル社会の実現に貢献できる人材を育てるため、次世代リーダーを担う人材に対し、デジタル人材育成研修に取り組んでまいります。

庁舎周辺整備担当理事(兼)総務課管財担当参事 山野 正訓

山野理事

令和4年度の目標

  • 近年増加する自然災害に対応できるよう防災センター機能の強化や、様々な市民ニーズに対応するため、本庁舎周辺施設の再配置を検討し「本庁舎周辺整備計画」を策定し防災機能及び行政サービス機能の充実を図ってまいります。
  • 遊休財産の売却を積極的におこない税外収入の確保に努めてまいります。
  • 公共施設等総合管理計画に基づく計画的な施設管理を行うため、進行管理に努めてまいります。
  • 本庁舎の適正な管理に努め、市民の皆様が誰もが安心・安全で利用しやすい市役所をめざしてまいります。