自殺対策事業について

泉佐野市自殺対策推進計画について

泉佐野市は、「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」に向け、2019年3月に泉佐野市自殺対策推進計画を策定し、包括的な支援として自殺対策に取り組んでいます。

泉佐野市自殺対策推進計画について(PDFファイル:7.6MB)

泉佐野市自殺対策推進計画概要版(PDFファイル:1.4MB)

心の健康について

自殺で亡くなる人の数は、令和2年中では全国で21,081 人となっており、大阪府内でも1,409人の人が亡くなっています。全国、大阪府とも前年より増加しています。 自殺は、さまざまな要因が複雑に関係して、「その多くが追い込まれた末の死」であり、「その多くが防ぐことができる社会的な問題」であると言われています。さまざまな悩みを抱えている方は、一人で悩まず、専門の相談機関にご相談ください。また、身近な方の悩みに気づいたら、温かく寄り添いながら、悩みに耳を傾け、専門家への相談をすすめ、じっくりと見守りましょう。

自殺のサイン(自殺予防の10か条)

次のようなサインを数多く認める場合は、できるだけ早い段階で対処することが必要です。

  1. うつ病の症状に気をつける(気分が沈む、自分を責める、仕事の能率が落ちる、決断ができない、不眠が続く)
  2. 原因不明の身体の不調が長引く
  3. 酒量が増す
  4. 安全や健康が保てない
  5. 仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う
  6. 職場や家庭でサポートが得られない
  7. 本人にとって価値のあるもの(職、地区、家族、財産)を失う
  8. 重症の身体の病気にかかる
  9. 自殺を口にする
  10. 自殺未遂におよぶ

※資料:厚生労働省「職場における自殺の予防と対応」より引用

 

ゲートキーパーについて

ゲートキーパーとは、自殺の危険を示すサインに気づき、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人(いのちの門番)のことです。普段の生活の中で、自殺を考えている人に出会う可能性は、誰にでもあります。

 

こころの健康に不安を感じたら

・大阪府こころの健康総合センター(こころの電話相談) 電話06-6607-8814 毎週月曜、火曜、木曜、金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前9時30分~午後5時

・若者専用電話相談(わかぼちダイヤル) 電話06-6607-8814 毎週水曜日(祝日、年末年始を除く)午前9時30分~午後5時

・泉佐野保健所の精神保健福祉相談 電話072-462-4600 平日午前9時~午後5時45分

・大阪府妊産婦こころの相談センター 電話0725-57-5225 平日午前10時~午後4時

・関西いのちの電話 電話06-6309-1121 (24時間、365日受付)

・大阪自殺防止センター 電話06-6260-4343 毎週金曜日午後1時~日曜日午後10時

・こころの救急箱 電話06-6942-9090 毎週月曜日午後7時~火曜日午前3時、木曜、土曜日午後7時~午後10時

・自殺予防いのちの電話(フリーダイヤル) 電話0120-783-556 毎月10日午前8時~翌日午前8時(24時間)

・自死遺族相談(予約制) 大切な人を自死(自殺)で亡くされた人のために、相談を実施しています。 予約、お問い合わせは、大阪府こころの健康相談センターへ( 電話06-6691-2818 平日午前9時~午後5時45分)。

・新型コロナこころのフリーダイヤル 電話0120-017-556 午前9時30分~午後5時(一部の回線等からはご利用いただけない場合があります)

・基幹包括支援センターいずみさの   電話072-464-2977 平日午前8時45分~午後5時15分