現在の場所

ひとを豊かに育むまちづくり《子育て・教育》

子ども・子育て

 次代を担う子どもたちが健やかで心豊かに生まれ育つ環境をつくるため、「第2期子ども・子育て支援事業計画」「次世代育成支援行動計画」「第3次ひとり親家庭等自立促進計画」「子どもの貧困対策計画」を一体的に策定した「いずみさの子ども未来総合計画」を着実に遂行し、「豊かに成長できる 子育てのまち いずみさの」の実現に向けて、子育て支援施策の充実に努めてまいります。
 地域における子育て支援につきましては、地域子育て支援センター『つくしんぼ』、分館『わたぼうし』を拠点とし、身近な地域で気軽に子育て世代の交流や相談ができる環境づくりを進めるとともに、子育て世代のニーズを十分に踏まえ、情報発信を含め、子育て支援サービスの充実に取り組んでまいります。
 国における「幼児教育・保育の無償化」と合わせて、市内施設を利用する市内在住園児の「給食費の無償化」を実施し、保護者の経済的な負担軽減を図ってまいります。また、公立幼保連携型認定こども園の円滑な運営を行い、待機児童が発生しないよう、私立幼稚園、保育園、認定こども園と連携し、子どもたちが質の高い教育、保育を受けることができるよう保育サービスや基盤整備を含めた教育・保育環境の充実に努めてまいります。
 障害児支援につきましては、「第1期障害児福祉計画」を着実に遂行するとともに、「泉佐野市立児童発達支援センター」を地域の中核的な療育施設としてサービスの充実に努めてまいります。また、サポートブック(はぐノート)を普及し、乳幼児期から就学期、成人期までのライフステージにおいて切れ目のない支援体制づくりに努めてまいります。
 留守家庭児童会につきましては、共働き家庭やひとり親家庭の増加など、児童を取り巻く環境の変化から、放課後における児童の安全な居場所づくりが求められております。
 今後も、留守家庭児童会の待機児童が発生しないよう、施設スペースの確保及び維持管理に努めるとともに、生活や遊びの場の提供及び適切な指導により、保護者が安心して仕事と子育ての両立ができるよう、その支援に努めてまいります。
 ひとり親家庭への支援につきましては、「第3次ひとり親家庭等自立促進計画」に基づき、総合的な施策を展開してまいります。また、離婚に関する相談が増加傾向にあることから、養育費や就労等の相談対応を強化し、ひとり親の自立支援に努めてまいります。
 少子化対策につきましては、結婚を希望する方を対象に出会いの場を提供する「出会いの機会創出事業」や新婚カップルに住居費等を補助する「結婚新生活支援事業」を一体的に推進し、若者の結婚支援を展開してまいります。
 母子保健事業につきましては、妊産婦の健康づくりを推進し、安全・安心な妊娠・出産につなげるために、妊娠届出時の各種事業の情報提供や妊婦全員への面接及び各種相談・実情把握等を行い、必要時には関係機関とともに支援に努めてまいります。また、歯科健康診査を含め妊産婦健診補助での府内高水準の公費負担を維持するとともに、引き続き、不妊症・不育症治療の支援を実施し、子どもを産みやすい環境づくりを進めてまいります。産後ケアにつきましては、支援が必要な産婦へのデイサービスや宿泊型の産後ケア事業を推進するため、さらなる周知に努めるとともに、「母子保健法」の改正をふまえ、改善に向けての検討を進めるなど、産婦と子どものサポートを図り、妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援に努めてまいります。

学校教育

 学力向上の取り組みにつきましては、ゆとりを持った教育課程編成と、個別課題へのきめ細かな対応が可能となるよう、小学校3年生から6年生を対象とした「35人学級」の独自編成に必要な市費講師の配置のほか、小中学校における「夏休みの短縮」及び「土曜授業」を引き続き実施するとともに、「まなびんぐサポート事業」の有効活用に努めてまいります。
 また、今年度から必修化される小学校の外国語活動及び外国語科につきましては、ALT(外国語指導助手)を2名増員し、各中学校区に1名の5名体制とするなかで、当該授業の充実が図れるよう支援してまいります。
 同じく、今年度から必修化される小学校のプログラミング教育につきましては、関係機関と一層の連携を図ることにより、教職員による適切かつ効果的な指導がなされるよう、引き続き支援してまいります。
 さらに、急速に進む教育のICT化に対応できるよう、学校内の通信ネットワーク環境の整備を進めてまいります。
 いじめや不登校の問題につきましては、未然防止・早期発見・早期解決に向けた体制の強化を図るため、引き続き、各中学校区に1名のスクールソーシャルワーカーを配置するほか、スクールカウンセラーの派遣を拡充してまいります。特に、いじめの問題の克服に向けた取り組みにつきましては、本年1月15日に施行した「泉佐野市いじめの防止等に関する条例」の趣旨を広く周知啓発するとともに、同日に改訂した「泉佐野市いじめ防止基本方針」に基づく「学校いじめ防止基本方針」に沿って、各小中学校が、保護者や地域住民等と協働しながら、実効性のある取り組みを進めることができるよう、必要な支援に努めてまいります。
 併せて、以上のような学習指導及び生徒指導両面の課題の克服に資するため、昨年11月に策定した「泉佐野市小中一貫教育基本方針」に沿って、各小中学校が、その取り組みを円滑に進めることができるよう、今年度から、全中学校に市費講師各1名を配置するなど、必要な支援に努めてまいります。
 体力向上につきましては、日本体育大学及び大阪体育大学との連携により、講師や学生ボランティアの派遣など、学校独自の取り組みを支援するほか、「SANOリンピック」を継続して開催してまいります。
 また、小学校体育専科教員や、中学校武道講師の配置等により、児童・生徒の運動能力や意欲の向上を図るとともに、中学校の部活動に対しましては、備品整備等への助成や部活動指導員を配置するなどの支援を継続してまいります。
 読書活動につきましては、児童・生徒の豊かな感性や思いやりの心が育まれるよう、今年度から、すべての児童・生徒に「泉佐野こども読書通帳」を配布し、その活用を促すほか、学校司書の拡充や学校図書館の充実に努めてまいります。
 「未来を紡ぐ子どもの絆プロジェクト事業」につきましては、児童・生徒の防災意識の向上を図るため、「被災地訪問事業」を引き続き実施してまいります。
 また、海外への見識や語学力の向上のみならず、自国と異なる文化や考え方を尊重する心や態度を育むことを目的として、オーストラリア連邦クイーンズランド州サンシャインコースト市への「青少年海外研修事業」及び「英語教育推進生徒派遣事業」に加え、昨年友好提携都市となったベトナム社会主義共和国ビンディン省へ生徒等を派遣する「友好交流事業」を、今年度より実施してまいります。
 就学援助につきましては、経済的理由によって就学が困難な児童・生徒の就学を奨励するため、昨年度実施した「新入学準備金」の国基準の引き上げに続き、今年度は、すべての援助費目についても、国基準に引き上げてまいります。
 通学路における安全対策につきましては、「泉佐野市防災行政無線を活用したこども見守りアナウンス」を引き続き実施することにより、地域全体で児童・生徒を見守る機運の醸成に努めてまいります。
 併せて、登下校中の安全確保のため、スクールガードリーダーの配置継続と、通学路防犯カメラの増設を進めてまいります。
 人権教育につきましては、児童・生徒が、自分の大切さとともに、他者の大切さを認めることができるよう、さまざまな場面において、すべての人の人権を尊重する行動力を育むことを目的とした各小中学校の取り組みを引き続き支援してまいります。
 また、支援教育につきましては、各小中学校が障害のある児童・生徒一人ひとりの実態を的確に把握し、合理的配慮のもと、個々のニーズに応じた支援を行うとともに、障害の有無に関わらず児童・生徒が互いに尊重し、ともに高め合える集団づくりをめざした、「ともに学び、ともに育つ」教育を推進できるよう、各小中学校に対して必要な支援に努めてまいります。
 学校における働き方改革につきましては、出退勤システムによる教職員の勤務実態の把握に努めるとともに、校務支援システムの本格稼働のほか、部活動指導員などの外部人材の積極的活用により、教職員が児童・生徒の指導に専念できる時間を確保しつつ、長時間勤務の緩和が図れるよう、引き続き各小中学校に対して必要な支援に努めてまいります。また、学校給食費の公会計化及び徴収事務の市での実施につきましては、国のガイドライン等に基づき、研究・検討に着手してまいります。
 学校施設につきましては、安全・安心で豊かな教育環境の維持・向上に向けた取り組みを継続するとともに、適切な学校規模を維持する観点から、今後も児童・生徒数の推移予測等に注視してまいります。
 また、新耐震基準で建築された校舎のうち、これまで大規模な改修工事を実施していなかった末広小学校の校舎について、防水や設備の更新などを行うとともに、トイレの洋式化も進めてまいります。
 年次的に実施してきた学校プール整備事業につきましては、2か年工事の最終年度となる第三小学校のほか、日新小学校、上之郷小学校、末広小学校及び第三中学校の計4校において着工するとともに、第一小学校については、市民プールとして整備事業に着手してまいります。
 さらに、学校の体育館及び武道場の空調機器の設置につきましては、児童・生徒の熱中症対策のみならず、災害時における避難所としての環境改善に必要不可欠であることから、昨年度から3か年計画で設置を行っているところです。今年度は第三小学校、日根野小学校、末広小学校、佐野台小学校、佐野中学校及び新池中学校の計6校の体育館、武道場に空調機器を設置してまいります。
 また、市民の生涯スポーツの振興や文化活動の場を提供することを目的として、学校教育に支障のない範囲で施設開放の拡大を図るため、今年度は佐野中学校グラウンドに夜間照明設備を設置してまいります。
 学校給食につきましては、安心・安全な給食の提供はもとより、児童・生徒からの応募献立の活用のほか、魅力のある美味しい給食を提供することにより、引き続き食品ロスの削減に努めてまいります。
 また、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に参加するウガンダ共和国及びモンゴル国のホストタウンであることから、両国の料理を取り入れた献立を提供するなど、食文化の多様性も意識した食育の推進に努めてまいります。

生涯学習・スポーツ

 市民一人ひとりが個性と能力を伸ばし、生きがいのある充実した生活をおくることができるよう、「いつでも」「どこでも」「だれでも」学べるまちづくりを推進してまいります。
 公民館の整備につきましては、昨年4月の「日根野公民館」の開設により、「公民館整備計画」に基づく、すべての中学校区での公民館設置が完了しました。今年度は、長南公民館に約15台分の駐車場を拡張整備することにより、利便性の向上と避難所としての機能の充実を図ってまいります。
 また、公民館の運営につきましては、ボランティア講師を活用した各種講座の開催をはじめ、各施設登録クラブの育成や支援を行うことで、市民の自主的な学習機会の提供に努めるとともに、人と人とがつながりあえる環境づくりに努めてまいります。
 図書館につきましては、引き続き、図書資料の充実を図るとともに、郷土資料の整備や電子資料の活用を進めることにより、様々な情報を入手できる場として、また、市民や地域からの情報発信や交流を支える拠点として、その役割を担ってまいります。
 また、今年度から、南海泉佐野駅前において、第1・第3木曜日の早朝の時間帯に、移動図書館「いちょう号」による図書貸し出しと、同駅敷地内に図書返却ポストを設置する新たなサービスを試行するなど、生涯教育振興の観点から、幅広い市民が、より一層図書に親しむことができる環境づくりに努めてまいります。
 スポーツ推進につきましては、各種スポーツ団体との連携を密にし、スポーツ振興事業の充実や指導者の育成に努めてまいります。また、日本体育大学との連携、スポーツ大使の活用や本市出身のトップアスリートを応援することにより、子どもから高齢者まで、市民がスポーツに親しみ、積極的に参加することで、生涯にわたって健康増進が図れるよう取り組んでまいります。
 特に、本年の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」は、市民のスポーツに対する関心が高まる絶好の機会であり、地域スポーツの振興、さらにはトップアスリートの育成につながるよう取り組んでまいります。
 また、本年4月15日に本市で実施されます「東京2020オリンピック聖火リレー」につきましては、オリンピックを身近に感じられる貴重な機会であり、聖火ランナーだけではなく、沿道で応援する人々なども印象に残る取り組みとなるよう努めてまいります。
 併せて、「東京2020パラリンピック聖火フェスティバル」につきましても、積極的に関わり、パラリンピックを応援する人々の熱意を東京へ向けて送り出せるよう努めてまいります。
 「市民総合体育館」及び「健康増進センター」につきましては、老朽化した設備の更新など、安全で快適なスポーツ環境の確保に努めてまいります。
 文化会館につきましては、指定管理者と連携して、引き続き市民参加型事業を中心としながら自主事業の充実及び市民満足度の向上に努めてまいります。
 青少年の健全育成につきましては、引き続き、「地域の子どもは地域で育てる」環境づくりに努めるとともに、泉佐野市青少年指導員連絡協議会を通じて、学校や警察などと連携しながら、補導活動や環境浄化活動、ふれあいハイキング及び街頭啓発活動等を実施し、地域のよりよい環境づくりに努めてまいります。
 青少年センターにつきましては、指定管理者と連携しながら、青少年への学習と憩いの場を与えることを目的に、青少年の自主活動支援などの事業を展開し、健全な居場所づくりに努めてまいります。
 稲倉青少年野外活動センターにつきましては、今年度も、引き続き直営による適切な管理運営に努めてまいります。

観光、国際化、産業、雇用・労働

地域共助・地域コミュニティ、人権・多文化共生

地域福祉、高齢者福祉、障害者福祉、健康・医療

消防・防災、環境衛生・環境保全、廃棄物処理、生活安全

道路・交通、公園・緑地、上下水道、住宅、市街地整備

挑戦的な自治体経営、財政基盤の確立、進行管理

ページトップへ