現在の場所

すこやかで、ひとがつながり支え合うまちづくり《支え合い・福祉・健康》

地域福祉

 人口減少・少子高齢社会のなか、複合化した様々なニーズに応えるため、地域のあらゆる住民が、「自助」・「互助」の役割を果たしながら「我が事」として地域活動に参画し、地域を共に創っていく「地域共生社会」の実現をめざすため、「第3次地域福祉計画」の策定に取り組んでまいります。また、支え合いの仕組みづくりの中心となる小地域ネットワーク活動等を基盤とした地域福祉のより一層の充実に取り組んでまいります。さらに、複合的な課題を丸ごと受け止める全世代型・全対象型包括支援センターの設置、とりわけ今年度からは、生活圏域である中学校区毎に地域型包括支援センターの設置を進め、市民にとって身近で分かりやすい相談窓口及び相談支援体制の整備を進めてまいります。
 本市を含む3市3町で共同設置しました広域福祉課では、社会福祉法人の設立認可をはじめ、大阪府からの権限移譲を受けた福祉関係事務の共同処理を行っており、引き続き広域連携のメリットを生かし、福祉サービスの向上を取り組んでまいります。

高齢者福祉

 超高齢社会のなか、公益社団法人泉佐野市シルバー人材センターや泉佐野市長生会連合会等への活動支援を継続し、高齢者が安心して暮らせる、健康で生きがいを感じることのできるまちづくりに努めてまいります。
 団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据え、包括的支援事業及び「泉佐野元気塾」や「ロコモ予防事業」等の介護予防事業の充実に努めるとともに、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援サービスが一体的に提供される地域包括ケアシステムの深化・推進を図ってまいります。
 高齢化が進展するなかで、介護保険制度が担う役割も増大しておりますが、介護サービスを必要とされる方に必要なサービスが提供されるよう、介護予防・日常生活圏域ニーズ調査等を踏まえ、「第8期介護保険事業計画及び高齢者福祉計画」を策定し、適切な事業運営に努めてまいります。

障害者福祉

 障害のある人やその家族が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、「第4次障害者計画・第6期障害福祉計画」の策定に取り組み、相談支援体制を充実させるとともに、必要とされる障害福祉サービスを確保し、障害者施策の推進に努めてまいります。

健康・医療

 健康づくりにつきましては、「健康都市宣言」のもと、「すべての市民が健康なまち いずみさの」をめざし、市民一人ひとりが主役となり、健康寿命の延伸を図るため、昨年度に策定した「第2次健康増進計画・食育推進計画」にもとづき、健康を支える環境づくりを進めてまいります。また、今年度は、日本における各都市の地域特性に応じた健康都市の実現に寄与することを目的とする健康都市連合日本支部の総会・大会を本市で開催し、健康づくりの機運を高め、健康づくり事業のより一層の推進に向け取り組んでまいります。
 予防接種事業では、今年度新たに乳幼児のロタウイルス予防接種の定期接種化や昨年度から開始した15歳までのインフルエンザ予防接種の一部助成、風しんの追加的対策、高齢者肺炎球菌予防接種などの推進により、さらなる感染症予防を図ってまいります。
 地域医療につきましては、りんくう総合医療センターは非常に厳しい経営状況にあります。このため、引き続き、財政再建に向けさらなる効率化をめざすようセンターに指示するとともに、センターと地元医師会・医療機関や行政機関との連携を推進し、地域全体での効率的な医療の提供を推進できるように努めてまいります。また、母子医療や救急医療体制の充実に努め、安心して医療を受けられるための支援を行い、健康を支える環境づくりを推進してまいります。泉州南部初期急病センターにつきましても、地域医療機関などの協力のもと、初期救急医療の提供に努めてまいります。

観光、国際化、産業、雇用・労働

子ども・子育て、学校教育、生涯学習・スポーツ

地域共助・地域コミュニティ、人権・多文化共生

消防・防災、環境衛生・環境保全、廃棄物処理、生活安全

道路・交通、公園・緑地、上下水道、住宅、市街地整備

挑戦的な自治体経営、財政基盤の確立、進行管理

ページトップへ